« 「負ける気がしない」と言われたやつらの話も | トップページ | ウルトラマンマックス »

2006年2月22日 (水曜日)

牙狼〈GARO〉

当初は雨宮作品ということでまったく期待していなかったのだが、従来の雨宮作品一般のウィークポイントであった「動き」の部分に横山誠という才能が加わったことで、最低限VFXアクション特撮としては保険がある。

オレ個人の雨宮作品一般に対する印象というのは、「動くイメージボード」という以上でも以下でもない。映像作品とは動いてナンボ、繋いでナンボのアートなのだが、その動きの部分、繋ぎの部分がどうしようもなくダメだという印象があった。

分けても、特撮ヒーロー番組では最も重要なアクション場面の撮り方、繋ぎがヘボい、リズムが悪いという印象があって、たとえば先頃CSで放映された二本の仮面ライダーのライダーキックのいかにも「吊ってま〜す」といわんばかりの振り子状のもっさりした動きなどを視るに、根が絵描きだけに雨宮には動きに対する感覚が皆無なのだろうとすら思った。

だが、この番組ではそのアクションの部分が最大の見どころとなっている。というか、横山誠のアクション演出を堪能するためだけでもすべての特ヲタは視聴を続ける価値があるだろう。三次元をフルに活用する空間演出、それを活かすためのシチュエーション設定、格闘にロジックとストーリー性のある殺陣、VFXならではの誇張された動きを織り込んだアクション。常々オレが特撮ヒーロー番組に望んでいたアクション演出とはこういうものなのだ。

単に「アクション監督」とクレジットされているのみだが、実現された映像を視る限り従来の「殺陣師」というニュアンスよりは、「特技監督」に近い意味合いではないかと思われる。スタントに動きを附けるだけではなく、役者の演技やVFXを含めてトータルにアクション場面全体をコーディネートしているのではないか、そうでなければ、あそこまで本編演技やVFXと連携のとれた統一感のあるアクション場面の演出は不可能である。

Sh15uyaのブログやそこからリンクされた横山のインタビュー、仮面ライダーTHE FIRSTのメイキングなどを視るに、一種B班的な全権体制でアクション場面全体の演出を取り仕切っているように見える。実際、この番組では本日までの時点で三、四話の二話、事前情報を信じるならさらに二一〜二三話までの三本を加え、計五本の本編演出を手掛けることになるわけだが、既放映分を視るに本職の雨宮・金田演出に比べても遜色ない出来に仕上がっている……まあ、梶演出についてはあえて触れないが(木亥火暴!!)。

むしろこの番組独自のイメージを特徴附けるのが横山流VFXアクションである以上、アクションとストーリーが渾然一体となった第四話「晩餐」辺りが番組初期のベストエピソードにすら見える。まさにこの番組は、横山アクションを核にしてそこに雨宮デザインの意匠を加えた特撮アクションヒーロー番組の決定版と表現するに相応しい。

これは廿一世紀の特撮番組の評価としては侮辱と裏腹なのかもしれないが、久々にクライマックスの変身アクションを待ちわびながら、ジリジリと本編ドラマの筋を追うという感覚を味わった。これは大人の特ヲタの原体験となっている幼少期の特撮ヒーロー番組の視聴態度に近い。

その一方、番組全体をドラマとして視るならば、さほど新味のないテレ東深夜ホラーのバリエーションの一つとしか言い様のないもので、お金持ち映画人雨宮慶太ならではの贅沢なビジュアルがオマケに附いているだけ、と酷評するのも可能である。可もなく、不可もなく、雨宮作品や深夜ホラーアクションのファンならどうぞ、というのが掛け値のないところだろう。

ただ、ヒロインの肘井美佳は辛うじて貧相な柄なのが役に合っているという程度だが、主人公の小西大樹が近来稀にみる「特撮ヒーロー顔」なのがいい。声優も兼ねているということでセリフ廻しもハッキリしているし、変身前の激しいアクションも一通り達者にこなしていて、特撮ヒーロー役者としては申し分ない。ちなみに黄金騎士のスーアクは大西雅樹というネタのような配役である(木亥火暴!!)。

それから、横山誠というとどうしてもSh15uyaやTHE FIRST辺りで名前が売れたために、雨宮との接点を忘れがちだが、プロフィールを視ると「未来忍者:不知火役」が原点だと書いてあるね(笑)。そこからハカイダーを経てパワレンに行ってSh15uyaに戻ってきたのだから、今は雨宮組でやっているのは何の不思議もないわけだ。なるほど。

|

« 「負ける気がしない」と言われたやつらの話も | トップページ | ウルトラマンマックス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136645/8785011

この記事へのトラックバック一覧です: 牙狼〈GARO〉:

« 「負ける気がしない」と言われたやつらの話も | トップページ | ウルトラマンマックス »