« 牙狼〈GARO〉 | トップページ | 超星艦隊セイザーX »

2006年2月22日 (水曜日)

ウルトラマンマックス

明らかにTV番組としては惨敗に終わったネクサスの後を受けて、過剰なまでに「ネクサスではないもの」を目指した結果、「非ネクサス」という以外いっさい纏まりのない番組になってしまっている。放映が終わってから、「…んで、結局マックスってどんなシリーズだったの?」と総括するなら、「なんでもアリ」と答えるしかない。

カイト役の青山草太の日向くさい柄や、アカラサマなツンデレキャラとしてリミッターの外れているミズキ役長谷部瞳、何故か制作サイドからプッシュされているエリー役の満島ひかり等々という個別の役者の柄は印象に残るが、ではマックスという番組個別の世界観、中心テーマ、DASHという組織固有の独自性とは何かと問われれば「そんなものはない」と答えるしかあるまい。

この混沌たる現状を肯定的に一言で表すとすれば、「ウルトラバラエティショー」。

求心的なイメージがなく纏まりに欠けることを一概に否定的に視るには及ばない。一本のシリーズとして立てるまでもないが、これまた纏まりなくポンポン投入される人材が個別に温めていたウルトラネタを本物のウルトラで実現する場なのだと思えば、それなりの意義はあるだろう。

というか、近年のウルトラシリーズというのは、長寿シリーズの例に漏れず歴史が複数の世代に跨るがゆえに、自己言及的な作品枠になっている。未だ現役で走り続けている戦隊は少し特殊な事情となるが、ライダーとウルトラは、過去の作品を踏まえたオレライダーやオレウルトラにならざるを得ないのである。

その「オレ」が、たとえば雨宮であったり高寺であったり白倉であったり、ウルトラの例でいえば小中千昭であったり長谷川圭一であったりと、いわば「選ばれた人材」の寡占状況だったわけだが、マックスに関しては、プチオレ大集合、オレイズム集まれ!というお祭り状況なわけだ(木亥火暴!!)。

そういう意味では、同窓会ネタがいやに多かったり人気怪獣の再登場というイベントを設けたりしていて、ウルトラの歴史それ自体を楽しむエピソードが多いのも宜なる哉である。そもそも、作品自体の評価はさておき、練りに練られたシリーズとして始まったネクサスが打ち切りの憂き目に遭った直後、ウルトラ枠を維持するためだけに企画されたと思しきマックスが、それほど手当の行き届いたシリーズであり得るはずがない。

ウルトラというシリーズがすでに保有している過去の財産と新規参入人材のオレネタを突き混ぜて、広い意味でのウルトラの世界観をアトラクション的に楽しんでもらおうというのが緩いコンセプトなのだろう。要するに、贅沢な「ウルトラファイト」だと思えばいいのである(木亥火暴!!)。

その意味では、映画「妖怪大戦争」でファミリー向け特撮もイケると証明した三池崇の参入という成果もあったことだし、特撮バラエティショーとしては成功した部類だろうと思う。

|

« 牙狼〈GARO〉 | トップページ | 超星艦隊セイザーX »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136645/8785019

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマンマックス:

« 牙狼〈GARO〉 | トップページ | 超星艦隊セイザーX »