« 坂東眞砂子の「子猫殺し」について | トップページ | 坂東眞砂子の「三分の理」 »

2006年8月25日 (金曜日)

坂東眞砂子の怪

坂東眞砂子の「子猫殺し」の話題が続くが、今回は坂東眞砂子本人にはおそらく関係ない話である。何となく気持ちの悪い話なのだが、前回ちょっと触れた通り、どうも当ブログの坂東眞砂子関係のエントリーはどのように検索してもヒットしないのである。

誤表記も含めて「坂東眞砂子」に類する検索ワードから来ている来訪者が異様に少ないので(因みに、現時点までに全部合わせて一五件程度)、試しに自分でも検索してみたのだが、これがもう、手を変え品を変え検索しても一向に引っ懸からない。

しかも、通常ならブログタイトルで検索すると必ず最新記事から降順で表示されるはずのgooブログ検索でも、「vita brevis-1 」以降のエントリーがまったく表示されないという前例のない事態が起きた。

この状態はついさっき回復して、今では最新記事が表示されるようになったが、相変わらず「坂東眞砂子」で検索してもウチの記事はまったく出てこない。gooブログ検索は適合順もしくは時刻順に更新されたエントリーを網羅的に検索表示するはずなのに、当該時間帯を調べてもウチのエントリーが存在しないのである。

たしかに昨日辺りからネット上に坂東眞砂子関連の話題が溢れ返っているので、ウチのように中途半端な時間帯に更新するフットワークの鈍いところがネット検索で引っ懸からないというのもわからないでもないが、2ちゃんねるの議論が主体でそれほど爆発的にブロガーが騒いでいなかった時期にアップした最初のエントリーからそうなので、ちょっと理解できない現象である。

もしかしたら、これくらい爆発的に件数が多い場合は、タイトルや冒頭の数行に検索文字列が入っていないと足切りされるものなのだろうか。そうだとすれば、今回のような祭りの際に検索容易性を高めるテクニックを学んだことになるのだが。

結果がどうなったかは、フッタの更新時刻を参考にご自分の目で確認されたい

|

« 坂東眞砂子の「子猫殺し」について | トップページ | 坂東眞砂子の「三分の理」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136645/11596144

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東眞砂子の怪:

» K君のオヤジが猫を殺したの魂 [競馬の予備校(・皿・)y━&大人の笑学校]
坂東眞砂子という作家が生まれてきたばかりの子猫を崖から落として間引き殺していることをエッセイで告白し叩かれている件。 フリタの中学時代の同級生にK君という、不二家のペコちゃんによく似た少年がいた。K君は勉強ができなくて運動も特段得意でもなくて、おまけに無口で... [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月曜日) 午後 09時47分

« 坂東眞砂子の「子猫殺し」について | トップページ | 坂東眞砂子の「三分の理」 »