« Vita brevis-1 | トップページ | あえて無題 »

2006年8月22日 (火曜日)

久々に見知らぬ人を憎んだ

ソースを確認してからのことにはなるが、オレはもう一生坂東眞砂子の書いたものは読まないし、識り合いにも決してこの人物の作物を読まないよう、たとえ一円でもこの人物に印税を支払って快適な南国の楽園での暮らしに資することのないよう、強硬にお願いすることにした。

自分勝手な理屈さえ附ければ何をしてもいいというものではないし、そのような最低限の良識さえない人物の書いた娯楽作品には、何ら価値がないとオレは思う。個人の信念がどうあろうと、決してやってはいけないことがあるのだし、それに遵うことが出来ないのであれば、それをする資格はない。

社会が板東眞砂子を喪うことには何ら痛痒を感じないが、一人の人間の自己陶酔的な思い込みで無辜の命が大量に奪われることには血を噴くような痛みを感じる。

もしも猫が人語を語れるならば、

坂東眞砂子にだけは飼われたくない

と言うに決まっている。つか、書いてるものはちっとも怖くないくせに、

おまえの勘違いがいちばんホラーだよ

|

« Vita brevis-1 | トップページ | あえて無題 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136645/11551907

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に見知らぬ人を憎んだ:

« Vita brevis-1 | トップページ | あえて無題 »