« 黒猫亭とむざうの誰でも語りたがっているくせにちょっと語りにくいあのPのすべてについて語りましょう | トップページ | Outlook »

2007年1月 9日 (火曜日)

The World

昨日一昨日にかけては、主に一旦書き上げたテクストの論旨を揉んだり文面の推敲に追われていたので気が附かなかったのだが、カブト公式ブログに昨日のエントリーを踏まえて視ると面白いことが書いてあった。

怒濤の最終展開に、しいてテーマをひとつ挙げるとすれば、それは「世界」。

署名は勿論白倉Pなので、「そういう見方も出来る」レベルの話ではなく、つくり手がそのようなテーマに基づく作劇を意図している、もしくは出来上がった作品の中心軸をそのように視ているということだろう。

それがオレの言うような意味における「世界」の捉え方を意味するとは思わないが、少なくともこのように表現する以上、現在の白倉Pが物語における「世界」という概念をどのように捉えているのかが見えてくるのではないかとwktkしている(笑)。

|

« 黒猫亭とむざうの誰でも語りたがっているくせにちょっと語りにくいあのPのすべてについて語りましょう | トップページ | Outlook »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136645/13401099

この記事へのトラックバック一覧です: The World:

« 黒猫亭とむざうの誰でも語りたがっているくせにちょっと語りにくいあのPのすべてについて語りましょう | トップページ | Outlook »