« 猫の請け戻し | トップページ | さぞかし紙が黄色かろう »

2007年11月 4日 (日曜日)

面白半分の推理

民主党の小沢代表が辞めちゃったそうな。福田首相の持ち掛けた大連立に色目を遣ったことで党内に混乱をもたらした責任をとったということらしいが、オレは何だか最初からこうなるような気がしていた。第一報を耳にした時点でパッと脳裏を過ぎったのは、以下のような根も葉もない面白半分の推理である(笑)。

なので、今回のエントリーは徹頭徹尾フィクションということで一つ夜露死苦。

そもそもオレは、選挙には抜群に強い小沢一郎が、この時点で自民と大連立など組んでしまったら、現状のように小沢一個が党内で孤立することは疎か、反自民の民意の支持や選挙の争点を喪って政権獲得の天王山である衆院選で襤褸負けするというのはわかりきっているだろうに、本気でそんな提案に意欲を覚えたとは思えない。

以前のエントリーでオレは小沢一郎のことを「現時点で総理でもなければ将来なるつもりもない」と表現したが、正直言って旧時代の自民党政治の暗部に深く関わっている小沢一郎が、アンチ自民的な民意の期待を追い風にした民主党政治の表舞台で華々しい立場に立てるはずがない。立てば必ず自身の政治家としての在り方そのものの故に倒される存在であるのが小沢一郎という政治家の宿命だろう。小沢一郎という政治家は、新時代において自ら明確な役割を果たすには、すでに旧時代の政治の穢れを身に負いすぎているのである。

民主党が政治とカネの問題で自民を追い込んでいくとしたら、まず第一の障害となるのは自党の代表者である小沢一郎である。小沢一郎の政治家人生の何処まで遡っても汚いカネや謀略のスキャンダルは附き纏うだろうし、自民の金権体質を批判することはその儘小沢一郎の政治家人生を批判することでもある。すでに現時点でもその動きは出ているわけだが、民主党が本気で政権奪取を考えているとしたら、小沢の辞任は時間の問題だったとさえ言えるわけである。

加えて、もしも民主が政権を獲得したとしても、小沢の体調や性格では長期に亘って政権を維持することなど出来ないだろうし、そもそも表舞台で身を清く保って何かをする人ではなく、裏で穢ない汚れ仕事をするのが本業の人である。小沢自身、嘗ては強硬な新自由主義の急先鋒だったという過去もあり、変節して社民寄りの政治姿勢をとったとしても、反自民のポーズという疑いは拭い去れず、いつ新自由主義に寝返るか不安を残しているとは言えるだろう。

そういう意味では、もしも民主党政権が誕生する可能性があるとしても、それが成就した暁には小沢一郎が表舞台に残ることには甚だ不都合な部分が大きいわけである。

一方、元々自・民大連立構想というのは、参院選で自民党が襤褸負けした時点から早くも水面下で蠢いていた保守勢力延命の切り札である。ナベツネが音頭をとって盛んにお膳立てが整えられていたわけだが、結果から視れば、今回の福田首相との密談で打診された大連立構想というのは、密室政治への批判と小沢一郎の辞任を以て決定的に潰されたと言えるだろう。

小沢の次に立つのが誰であろうが、自民との大連立を呑む気配を見せただけでも潰されることが内外に明示されたわけである。小沢がサクッと辞任して「ケジメ」を附けたことで、大連立の提案に尻尾を振って党内で突き上げられたら辞めるべきだという一連の筋道が用意されたわけで、政権への可能性が生まれたこの時点で、わざわざ辞める為に党首になるような無欲な莫迦はいない。元々民主党は政治的理念で結ばれた政治結社ではなく、選挙の為の乗り合いバスに過ぎないのだから、理念の実現の為に自ら踏み台になるような奇特な人はいないだろう。

その意味で、小沢以降の民主党党首にとって自民との大連立というのは決して呑めない提案となるわけで、かくして自民延命の切り札である大連立構想は完膚無きまでに潰されたわけである。小沢がそこまで読んで福田を巻き込んで打った大芝居だとしたら大した策士だと思うが、まあそんなに面白い裏があるわけでもないだろう。ないだろうけどそっちのほうが面白いからそういうふうに勘繰っちゃうわけである。

そもそも現状の小沢一郎は、総理総裁になるとか長期政権を自ら維持するなどという政治的上昇志向に与し得る人材ではなく、寧ろ辞めることに何のリスクも不利益も伴わない稀有な政治家であり、それこそが、つまり如何なる局面で如何なるメリットと引き替えに辞めるかというのが小沢の切り札だったという読みはどうだろうか。

小沢一郎が大連立構想を直接原因として党内で孤立し、その「ケジメ」として電光石火で辞任する。ありそうな筋書きである。自民への歩み寄りや大連立構想への意欲的姿勢が報じられた時点では、はて、現時点の民主党にはまったく得のない取引だが、と首を捻ったものだが、そこでサクッと辞任ですよ(笑)

これで福田首相との間に密室でどのような密約があったのだとしても、全部空証文である。随時の対米協力を可能にする結構尽くめの恒久法構想も、福田政権が民主に望むことを気前好く受け容れた小沢がいきなり辞めたのだから一気に流動化である。

今後民主党が自民党に融和的な姿勢を見せれば「ああ、それが福田と小沢の密約だったのね」と視られてしまうわけで、少なくとも衆院選が終わるまでは自民党に抱き込まれたような疑いを招くことは出来ないのだから、こと海上給油に関しては党首会談時よりも遙かに後退したことは間違いないだろうし、党内の新自由主義者や親米派の言動も衆院選後までは従来より掣肘されるだろう。

福田首相はまんまと小沢一郎に騙されたわけで、安倍には許さなかったマンツーマンの密談を福田に許したことで安心させておきながら、その小沢が卓袱台返しでアッサリ辞めちゃうというのはかなりあくどい二枚腰の茶番劇である。小沢の後を襲う民主党党首は自民との対決姿勢を明確化しなければ内外の支持は得られないだろうから、民主との対話協調路線の可能性を模索していた福田政権の思惑は全部ご破算である。

いわば、今回の辞任に至るまでの一連の小沢の挙動は、結果的に民主党に対して日和見の退路を完全に断ってしまったわけである。勿論こんなのはオレの個人的な妄想にすぎず、そのほうが面白いからそう考えているだけで何の根拠もない(笑)。

さらに面白半分のオチを附け加えるとすれば、小沢がこんな卓袱台返しの茶番劇を思い附いたのは、多分小沢とは因縁浅からぬマダム寿司の噴飯物の続投拒否にヒントを得たのではないかという推理はどうだろうか?(笑)

あの人も電光石火の外遊でいいわいいわの丸飲み外交を展開した直後にサクッと続投を拒否しちゃったのだが、マダムの場合と違って民主党は自民党に対して弱みなどないのだし、新党首は「あれはあんたらが前の党首と誰も視てないところで交わした個人的な約束だからオレは識らないよ」と突っ撥ねることが可能である。密室政治というのは基本的に個人と個人の政治だから、政党同士の公の約束事などはない。トップの首がすげ替えられれば一気に空証文である。

何度も言うが、小沢がそこまで読んで福田を密室談合に誘い込んだのであれば物凄い策士であるが、まあそんなに面白い裏はないだろうとは思っている(笑)。

|

« 猫の請け戻し | トップページ | さぞかし紙が黄色かろう »

コメント

やっぱり世の中そうそう面白いことは転がっていないもので、この時点でこんな暢気たらしいネタエントリーを上げているのはオレくらいのものだった(笑)。まあ、要するに今回の小沢一郎の振る舞いは、それこそ孔明楠氏も裸足の奇計・奸策とでも解釈しない限り、マトモな政治の論理では理解出来ないということだが。

真面目に考えれば、小沢の思惑がどんなものだったかは不明だが、大連立の可能性自体は明確に否定され、自民と対話して政策の実現を目指すという小沢の姿勢にNOと言った執行部の慰留を受け容れて続投を表明したのだから、理屈の上では今度こそ挙党一致で選挙による政権奪取を目指すしかなくなったわけではある。

その一方、党内の実情を誰よりも知る党首自ら「民主に政権担当能力なし」と明言した以上、世間もそのように視るだろうことは間違いない。民主に期待する人々ですらその不安は内々に抱いていただろうが、「それでも自民よりマシ、民主も準備は進めているはず」と考えていたと思うのだが、それに対して小沢自ら「皆さんが期待しているような実力は今のところありません」とポッケを裏返して見せたわけである。

党内の危機感を煽って挑発する意図だったとしたら薬が効きすぎだし、一旦選挙となったら必ず自民が突いてくるであろう民主の弱みをこの時点で早々と党首自ら強調し敵の批判を先回りで肯定するというのは、普通に考えれば大失点のはずである。

選挙による政権交代を目指すという大同目的を果たす為には、小沢が語ったように衆院選までの間に国政の上で何らかの実績を積み上げ、政権担当能力を実証するしかなくなったわけで、それはやっぱり小沢の言う通り自民と対話して政策を実現するということである。

大連立の野合を回避して飽くまで正面からの政権奪取を狙いつつ、その一方でその目的の為に与党と対話しながら政策実現を目指すという、たしかに辞任会見における小沢の主張通りにするしかなくなったわけだが、これが最初からの狙いか何うかというのは何とも微妙なところである。

一連の小沢の挙動によって民主党は何とも微妙な立場に立たされたわけで、正念場を前にして「ゆるみきったねじを巻く」「血判状を突き附ける」的な意図があったとしても、その為に無用の泥を被り崩壊の危機に直面したわけで、成算があるともないとも言えない窮めて微妙な成り行きである。

この矛盾した行動の意味を、小沢個人のメンタリティという謂わば感情論で解釈する向きもあるが、そうとでも考えない限り整合した解釈は難しい。オレだって、マンガでもあるまいに誰か一人の人間が「すべてワタシの思い通り」と高笑いするような権謀術数が裏面で動いているとは思わない。

多分、巷間言われているよりは「もう少しだけ」小沢には内々の計算があったのだろうし、巷間言われているよりは「もう少しだけ」その計算にミスがあって、結果的に文句なく「小沢らしい」感情論の対応に繋がったというところなのだろうと思う。

投稿: 黒猫亭 | 2007年11月 7日 (水曜日) 午前 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136645/16976946

この記事へのトラックバック一覧です: 面白半分の推理:

» VN、小沢民主代表の記者会見を無料放送 [僕の雑記ノート]
(上記の静止画像は、ビデオニュースより引用したものである。)  ビデオニュース(VN)が小沢代表の記者会見を無料で放送しています。是非ご覧ください。 小沢民主党代表が辞意 http://www.videonews.com/... [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日曜日) 午後 11時26分

» 福田首相が「大連立」を打診〜民主党は拒絶。挙句、小沢代表は代表辞任へ……。 [Because It's There]
福田康夫首相(自民党総裁)と民主党の小沢一郎代表は11月2日午後、国会内で2度目の党首会談を行い、福田首相は民主党との連立協議を打診しました。衆院で与党、参院で野党が多... [続きを読む]

受信: 2007年11月 7日 (水曜日) 午前 12時26分

« 猫の請け戻し | トップページ | さぞかし紙が黄色かろう »