« 物臭のツケ | トップページ | 映画二題 »

2007年12月 3日 (月曜日)

寛容な局

当然のように毎週観ているCX深夜の女子アナバラエティ「アナ☆ログ」だが、これは週替わりで中堅芸人がMCを務め、CX深夜の顔として深夜番組ばかり担当している新人アナの大島由香里がアシスタントに廻り、女子アナを中心に毎週一〇名程度選出された局アナをいじるというユルいコンセプトの番組である。

調べてみると直前の「ベビスマ」と合わせて「サンパラ」一枠の扱いとなっているらしく、多分EPGでは一番組として扱われているんじゃないかと思う。同時ネットしているFNS系列局は算えるほどしかなく、関東ローカルということになるので当然全国区の話題ではない。

最前「女子アナバラエティ」と言ったものの、建前上は男性アナも含めた局アナ全体が対象となる番組だが、七三で女子アナの割合が多いのだから実質的には女子アナマニア狙いの番組だろう。

本日のお題は「私の特技」ということで、あんまり拡がりのない話題だったのだが、それなりに盛り上がった話題がライダーとガンダムというのは何うなんだろうと思った。しかも入社一四年目という妙にリアルなお年頃川野良子という今の今まで存在すら識らなかった女子アナが、子供に附き合って観ているうちにライダーにハマるというお定まりの転落の構図を辿っていたということである。

ちょっと調べてみたら、入社一四年目と言ってもほんの昨年までニッポン放送で活躍していたラジオ畑の人材で、例の買収騒動後のニッポン放送再編に伴ってフジテレビアナウンス部に転籍となっただけらしいから、識らなくても当たり前だろう。ニッポン放送がフジテレビジョンに吸収された関係から、社歴もそのまま引き継がれる為に入社一四年目という表記になるだけで、テレビの顔出しの仕事で考えればまだ一年目ということである。

一般にラジオではテレビほど放送コードやNGワードに神経質ではないということがあるらしいが、そのせいだか何だか、この川野という人はいきなり「仮面ライダー電王の主役をやっている佐藤健クン」とか他局の現行番組の名前を出して、会社のPCで彼のホームページにアクセスしていると明言していた。「ホームページ」というのはつまり例のブログのことだと思うのだが、ああ、こういう人によって電王人気というのは支えられているのだなぁと、微笑ましい気分になった(笑)。

ガンダムのほうは松尾翠と渡辺和洋が被っていて、当然ファーストネタがメインになるわけだが、テレ朝系列とは言え名古屋テレビ制作の番組で、ガンダムというコンテンツ自体はCXやTBSの系列でも制作しているのだから、今更他局の何うのという話でもないだろう。しかし、ガノタ一般、互いの知識レベルの探り合いから意気投合するや周囲を無視して盛り上がる傾向があるのは何うなんだろうと思った(笑)。

まあ、関東のキー局の間ではCXとテレ朝は関係が良好らしいので、日テレの番組の話でもしない限り問題はないということだろう(笑)。

その点、先日の王様のブランチのブックコーナーで、人気カレンダー女性タレント部門の上位が、トップの新垣結衣を除いてめざましファミリーのキャスター陣で占められていたというのに、「朝の情報番組のキャスター」としか言わなかったTBSはケツの穴が小さいなあと思ったんだが、三位の小林麻央はすでにめざましファミリーを抜けて日テレのゼロに出ているからいろいろ微妙な話になるんだろう(笑)。

そう言えば、テレ朝のほうは例の「ロンドンハーツ」の「芸人が選ぶ附き合ってみたい女子アナランキング」という企画で他局の女子アナの話をガンガンやっていたが、最終的にトップを獲得したのがテレ東の大橋未歩というのが、何だか政治的判断という気がして笑えてしまいました。たまたまなんだろうけど、やっぱり局際の女子アナ人気投票のトップがテレ東というのはあまりにも穏便な結論だったので(笑)。

いや、実際いいんじゃないですかね、大橋未歩。無駄にエロいし(笑)。

|

« 物臭のツケ | トップページ | 映画二題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136645/17259932

この記事へのトラックバック一覧です: 寛容な局:

« 物臭のツケ | トップページ | 映画二題 »