« 走る(笑) | トップページ | 未だ「歴史」ではない事柄 »

2008年9月16日 (火曜日)

公称

能世あんな、えれな、香里奈の能瀬三姉妹がこの度CX火一〇の秋ドラマで共演するということで、連日同局では三姉妹が出演して番宣に努めているが、この話題を最初に意識したのは先週のはねトびだった。それ以前だと少し前にスマスマのビストロスマップに出演しているが、このほうはまだ前番組の放映半ばだったので、さほど意識してはいなかった。

で、はねトびで彼女たちが出演した際に、テロップでは「香里奈姉妹」というふうに紹介されていたのだが、誰も明確に口にしなかったのでさほどの印象を覚えなかった。

というか、文字面だけ視るならさほど変な印象は覚えないわけで、「ドラマ主演の香里奈を含めた三姉妹」というほどのざっくりした説明的な紹介というふうに解釈出来るので、それほど意識したわけではなかった。

しかし、月曜深夜のショーパンに出演した際には、テロップで「香里奈姉妹」と出ただけではなく、生野陽子がはっきり「今日は『かりなさんしまい』にお越しいただきました」と口にしたので、少し違和感を覚えた。その際も、テロップの表記にはねトびとブレがあった(「姉妹」と「姉妹」)ので、やはり説明的な文言だろうというふうに解釈した。

しかし、今さっきめざましテレビに三姉妹が出演した際にも、出演している間中ずっとテロップで「香里奈3姉妹」とデカデカと表示され続けたのみならず、軽部も「かりなさんしまい」と呼んでいたので、これは相当気になった。これはつまり、ドラマ放映期間限定とは謂え、CX的にはこの三姉妹をユニットとして扱う場合の公称としてこれを用いているということである。

少しブレることもあるとは謂え、概ねその表記も「香里奈『3』姉妹」で統一するという「4姉妹探偵団」パターンであるから、そのように視て間違いはないだろう。普通、三人姉妹程度の場合は漢数字表記が自然で、算用数字というのは意図的に用いるのでない限り不自然だと思うので、表記統一の意識があるということである。

ちなみに、算用数字が自然になってくるのは、たとえば「ウルトラ6兄弟」とか人数が増えてきて「数える」という意識が顕著になった場合である(笑)。三姉妹や四姉妹くらいだったら、一繋がりの成語として認識するという意識が多いだろうから「十人十色」のように漢数字表記にするのが自然だと思う。

しかし、普通、兄弟姉妹がユニット的な扱いの場合、それらを総称する際には名字を冠するのがパターンである。高島兄弟とか花田兄弟とかヒルトン姉妹や叶姉妹など、未婚の兄弟姉妹の場合は普通は名字が共通していて当たり前なので、名字+兄弟・姉妹というパターンが一般的な呼称である。この場合、双子ユニットのように二人だけで名前に規則性があるのなら、マナ・カナや祥太・啓太のように、名前×2というパターンもあるだろう。

そういう意味では、この「香里奈3三姉妹」もファンからは本名の名字から「能瀬三姉妹」と呼ばれていたと思うのだが、以前書いたように、この三姉妹の芸名は法則性がバラバラでちょっとずつズレているというややこしいものである。本名の名字を名乗っているのは長女の能世あんなだけなのだが、既述の通り本名の「能瀬」とは一字違えているので、「能世」という名字はあんな個人の芸名の一要素である。

だとすれば、彼女たちを公的に「能瀬三姉妹」と呼ぶとすると、事情を識らない人はこの三人が姉妹であるという紹介から、長女のあんなが名乗っている「のせ」が姉妹の名字だろうということは類推出来るので、「のせさんしまい」と呼ばれることには違和感を感じないだろうが、その場合には「能世三姉妹」にするわけには行かないから「能瀬三姉妹」となるが、その「瀬」の字は一体何処から出てきたのか、という疑問を感じるだろう。というか、彼女たちの名字を暗示している公的な要素は本名と一字違いのあんなの芸名だけなので、普通は誤変換だと思うだろう。

この姉妹の名前には緩い規則性があって、語末が「な」で平仮名にすると三文字のバタ臭い名前(まあ多分「国際的に通用する名前」みたいな命名動機だろう(笑))というパターンがあるわけだが、これも子細に視るとあんなだけ漢字二文字で、英語的に考えても妹二人が三音なのに長女だけ二音なので規則性が崩れている。前述の通り、芸名のパターンも変にズレているので、三つ並べると何だか落ち着かない。そもそも三人いると名前を羅列するわけにも行かないから、ユニット名にはならない。

三女の名を冠した「香里奈3姉妹」というのは、一見してかなり変な印象を覚えるのだが、よく考えてみるとこういう形に落ち着くことにも理由があるわけである。

ただまあ、三姉妹の中では香里奈が最も知名度が高い、というか他の二人とは比較にならないのだが、主演女優という口実が附くとは言え、剰りそういう人気商売の実情を感じるような呼称も世知辛く感じる(笑)。

しかも、三人のうちで一人の芸名だけ立っているようなユニット名だと、「麻生真美子&キャプテン」とか「内山田洋とクールファイブ」とか「ダン池田とニューブリード」みたいなというか、ぶっちゃけ「安室奈美恵ウィズスーパーモンキーズ」的なものを感じる。おまえ、こないだまでスーパーモンキーズだったろう、何を他人みたいな顔してるんだ、みたいな(笑)。

|

« 走る(笑) | トップページ | 未だ「歴史」ではない事柄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136645/42492254

この記事へのトラックバック一覧です: 公称:

« 走る(笑) | トップページ | 未だ「歴史」ではない事柄 »