« 算盤じかけのオレンジ | トップページ | Shaolingirl »

2009年4月25日 (土曜日)

ヌードな夜

世の中には酒が入ると無闇に脱ぎたがるヒトがいて、あの料簡だけはよくわからないものがあるのだが、やっぱり「フィッシャー・キング」をリアルにやってはいけないと謂う話だろうなぁ。

お陰でこの週末は、漫然とTVを点けながら余所事をしていると、ほぼ五分おきくらいに「全裸」と謂う刺激的なタームが耳に飛び込んできて思わずTV画面に目をやってしまうのだが、ここで話題になっているのが三十男の裸の話であることを想い出してガッカリすると謂うプロセスが繰り返されたものだから、「全裸」とか「着衣を脱ぐ」と謂う言葉に大量被曝してすっかり鈍感になってしまった(笑)。

まあ酔って全裸で暴れることに動機も糞もねえだろうとしか思わないが、野郎が全裸で暴れているときに野郎の名前を叫ぶのは紛らわしくてよろしくないな。この件についてはいろんな陰謀論が囁かれることだろうが、一番罪のない憶測は「想いをカムアウトする為に、トップアイドルの地位を擲って狂言を打った」と謂う「アッー」的な妄想だろう。これなら困るのは本人だけなので自業自得である(笑)。

結局、三十男が酔っ払って服を脱いだと謂うのは、本来なら笑い事にしかならんと謂う話だな。たまたま各方面に迷惑の掛かる立場の人間がやらかしたと謂うだけのことで、犯罪は犯罪だが煎じ詰めると酒の呑み方を間違ったと謂う失敗談なのだから、或る失敗を載せた天秤の片方に載ったものとの相対における責任意識の問題になるんだろう。

トラ箱に一泊と謂うだけで済まなかったのは、薬物汚染の蔓延しやすい芸能界の人間と謂うことでその線を疑われたからだろうが、全裸でご乱行に及んだのが薬物の影響であれば、必ず身近に相当量の現物を隠し持っているはずだから、プロの家宅捜査で見附からないわけがない。単なる身体検査的なものだろうから、この線でマークされていたと謂うことでもないだろうと思う。

これが数年前の稲メンの場合と事情が違うのは、成人男性が酒を呑むこと自体は別段どうと謂う不道徳でもないし、酒を呑んだら酔っ払うのも当たり前なのだが、たまたま軽犯罪に当たる行動に発展したと謂うことで、酔余の失敗と謂うのはプロセスが不可逆的だと謂うことである。

稲メンの場合は、そもそも違法駐車と謂う過失があるところに、立て籠もりから強引にクルマを発進させたと謂うことなので、任意の時点における判断がそれぞれ間違っていたと謂う話だろうが、今回の場合は酔っ払いに理性的な判断を期待しても虚しいので、そんなに酒癖が悪いのならそもそも酒なんか呑むなと謂う後知恵にしかならない。何処も深掘りしようのない話である。

酒の上の失敗と謂うのは、これはもう有史以前から存在する古い問題である。落語でも酒が絡む滑稽談は「親子酒」「花見酒」「らくだ」等々枚挙に暇がないが、一貫した原理としてあるのは「最初の一口から失敗までのプロセスは不可逆的に進行する」と謂う約束事である。癖の悪い酒呑みと謂うのは、最初の一口から先のプロセスは自動的に進行するものなのだから、一口呑んだら後はもう運を天に任せるしかなく、任意の時点でこのプロセスを後戻りすることは出来ない。

つまり、この問題の確実な対処としては「一口も呑まない」と謂う選択肢しかない。酔余の失敗が許されない人間が可能な限りリスクを下げようと思うなら、酒を一切呑まないことしか対処のしようはない。呑めば必ず酔うのだし、酔う為に呑むのであって、酔漢に正常な判断力は期待出来ないのだから、決着するところ正常な責任意識が期待出来るのは、最初の一口を呑むか呑まないかと謂う選択肢でしかない。

逆に謂えば、そう謂う人間が酒を呑み続ける限り一定レベルのリスクは常に潜在すると謂うことで、個人的には草なぎ剛のようなポジションの人間に酒を断てと言うのは立場を勘案しても少々酷だろうと思う。

結局、これはもう草なぎ剛と謂う個人に依拠する芸能ビジネスはそう謂うリスクを負わざるを得ないと謂うことで、これがアルコール依存症と謂うのなら本人の社会性との兼ね合いがあるから積極的に断酒に努めるべきだろうが、酒癖が悪くて時々失敗すると謂うレベルなら、今回のような不都合が生じないようにするには、本人が反省するばかりではなく、周りの人間が気を附けてやるしかないだろう、それでも何かやらかしたら、しょうがないと思って本人も周囲も諦めろ、と謂う話だろうと思う。

彼が自動車免許や自家用車を持っているかどうかは識らないが、これが飲酒運転と謂うことになると、運良く誰も被害に遭わなかったとしても、裸で暴れたと謂う程度では済まない重大な社会的責任がのし掛かってくる犯罪的な過失になるわけで、マトモな判断力のない状態の人間がクルマを運転しようと思わないだけの理性がある保証などはないので、まあクルマの運転だけはさせないようにしたほうが好いだろう。

所詮、個人に依拠するビジネスと謂うのはそう謂うものだ。特定個人の弱さや過ちはそれによってもたらされたデメリットの結果論でしか裁けないが、そう謂う不確実なものに依拠せざるを得ない局面もあると謂う話だろう。

|

« 算盤じかけのオレンジ | トップページ | Shaolingirl »

コメント

こんにちは。

個人的には「カッコ悪いなー、でも酒の失敗ぐらいでタレントって気の毒な事だな」でお終いの話題です。
でもNHKのニュースで、ずーーーーっと紹介され続けるのにはウンザリしました。記者会見まで生放送して。一億総白痴化と言われて久しいですが、ネタとニュースをもう少し整理して欲しいと思うのは、過ぎた望みなんでしょうか。
NHKは最近民放なみにBSやらハイビジョンやらの番宣が多くて、それでなくてもウンザリしているのです。地デジになったら地上波見るのは止めて、DVD再生専門にしようかとぼんやり考えていたのですが、真剣に検討しようかしらん。

投稿: うさぎ林檎 | 2009年4月25日 (土曜日) 午後 01時20分

>うさぎ林檎さん

>>個人的には「カッコ悪いなー、でも酒の失敗ぐらいでタレントって気の毒な事だな」でお終いの話題です。

それに尽きますね。第一報が「深夜の公園で全裸になり暴れる」「警官に反抗し、公然わいせつ罪で逮捕」ですから、相当間抜けな響きがあります。まあ実害としては騒がれた近隣住民の迷惑と軽度な公序紊乱くらいですから、酔っ払っていれば誰でもやらかす可能性のある失敗と謂う程度の話ではありますね。

ジャニーズ関係の不祥事では、本文で触れた稲メンの事件以外にも、数年前に未成年の内博貴がやっぱり泥酔して通報され保護されていますが、彼の場合は二年間くらい謹慎させられています。対するに、稲メンの場合は微罪とは謂え成人が素面の行動で逮捕されているのに五カ月の謹慎ですから、あんまり公平な対処ではないですね。

この事務所のアイドル予備軍たちは田舎のやんちゃ盛りのガキ共ですから、未成年の飲酒や喫煙には殊の外厳しいと謂うことではあるんですが、草なぎ剛もあんまり干しとくとSMAP全体の番組運用がぎくしゃくしてやりにくいですから、半年くらいで戻ってくるんじゃないですかね。

稲メンのときは「メンバー」と謂う呼称が話題になりましたが、今回は釈放されるまでは「容疑者」呼ばわりと謂うことで、これが稲垣吾郎と草なぎ剛の扱いの違いなのか、稲メンの場合の反響からの申し合わせなのかはよくわかりません。どちらにしても、たしかに一般人ならニュース種にならない話で、有名人は大変だなぁと謂う感じですね。

kikulog でも話題になりましたが、幾ら広告主の所轄官庁でも総務相がわざわざ名指しで糾弾するようなことじゃないですよね、糾弾してどうなるもんじゃなし。そんなことでこんなに大騒ぎするんなら、北野誠の話をしろよと謂うのは、まあ視聴者視点なら自然に思うことじゃないですかね。

>>地デジになったら地上波見るのは止めて、DVD再生専門にしようかとぼんやり考えていたのですが、真剣に検討しようかしらん。

こう謂う人は多いかもしれないですね。DVDのみと謂うのは寂しくても、今はCSやBSと謂う選択肢もあるわけですから、無理して地上波を観る必要はないと判断する人もかなり多くなるんじゃないでしょうか。

さらに最近は、どこの局も広告収入の激減で予算削減の嵐は吹いているようで、それが内容の低下に拍車を掛けているように思いますから、悪循環じゃないですかね。こちらでも、一昨年くらいまでTVドラマのレビューをやっていたんですが、去年くらいからそう謂う熱意もすっかり失せてしまいました。

投稿: 黒猫亭 | 2009年4月25日 (土曜日) 午後 02時07分

ま~、草なぎくんの行動は、単なる酒の失敗で、有名芸能人として、ストレスが溜まる商売の人間としては、酒がストレス発散になっていた(と思われる)のは、仕様が無い、と思われます。
酒癖が悪いと云う体質は、なかなか直らないと思いますので、<酒>以外にストレス解消があれば、それに越したことはありませんが…。
(芸能人に、新宗教に走る人が多いのは、それなりに理由があるのかも知れません…。本人が実際どうか?は知りませんが…。少なくとも、ナンミョウでは、ないようです。)
しかし、テレビ等マスコミに出る人間は、常に世間の目に追われる因果な商売で、その中で生き続けるのは、一般人には、堪えられないと思われます。

投稿: mohariza | 2009年4月25日 (土曜日) 午後 02時20分

>moharizaさん

いらっしゃいませ。たしかこちらでは初めてですよね。

>>しかし、テレビ等マスコミに出る人間は、常に世間の目に追われる因果な商売で、その中で生き続けるのは、一般人には、堪えられないと思われます。

酸っぱい葡萄の論理を言いますと、オレは絶対無理ですねぇ(笑)。もう、自分が識らない人間まで自分のことを識っていると思っただけで鬱陶しいですし、自分の発言や振る舞いが映像記録の形で後々まで残ると思っただけで面倒くさい。精々ネット人格でブログをやるくらいが関の山です。

なまじっかな神経の人間には、芸能人なんて務まらないんじゃないでしょうかね。それ以外にも、とにかく他人の引きや人間関係が大事な商売ですから、なんか普通の勤め人よりも対人関係に気を遣うんじゃないですかね。

>>ま〜、草なぎくんの行動は、単なる酒の失敗で、有名芸能人として、ストレスが溜まる商売の人間としては、酒がストレス発散になっていた(と思われる)のは、仕様が無い、と思われます。

まあ、そう謂う商売の人間が酒も呑めないと謂うことになったら、これは辛いだろうなと思うので、芸能人一般と謂うのはメンタルな面で失敗するリスクは普通の商売よりも大きいと謂うことなんではないかと。

>>酒癖が悪いと云う体質は、なかなか直らないと思いますので、<酒>以外にストレス解消があれば、それに越したことはありませんが…。

鍛えられると謂う人もいますけれど、限度がありますからね。それに、彼も結構酒に強いらしいのですが、当日は何だか腹に据えかねることがあったらしく、それで度を過ごしてしまったと謂うようなことを言っているようですから、強い人でも精神状態によってはかなり危ないですよね。

まあ、呑まないに越したことはないのは事実ですが、酒と謂うのは他に替わりを見付けにくいものがありますから、気持ちを切り替えるのはなかなか難しいでしょうね。

そもそも江頭2:50辺りだと、イスラム教圏で全裸になって逮捕され国外退去を命じられても何事もなかったように商売出来ているんですから、売り方を変えると謂うのが好いかもしれません(笑)。公序紊乱の軽重を謂えば、イスラム国家で下半身を露出するほうがよっぽど犯罪的な行為ですから(笑)…と、さりげなく宗教のほうにネタを振りつつ、

>>芸能人に、新宗教に走る人が多いのは、それなりに理由があるのかも知れません…。

言われて気になってちょっとネットで検索してみたら、ここぞとばかりに草加関係者だと言いふらしている人がいたりしますが、違うっぽいですね。

以前poohさんのところで話したことですが、やっぱり人気商売って自分の実力だけではどうしようもないところがありますから、他の職業より附け入る隙は大きいんではないかと思いますよ。

職業的な観点で謂うと、アヤシゲな新宗教に対する耐性と謂うのは、自身の能力と成果やリスクが割合即応している商売の人は、神頼みの現世利益よりも自分を恃むところが大きいんではないかと考えています。自分一人の努力や実力だけで評価を得られていると思っているのに、それが信心の報いの御利益だと考えるのは、何だか損したような気がしますからね(笑)。

その一方で、どれだけ努力してもそれだけでは具体的な成果として報われず、変な運やコネで成果を得てしまったような人は、自分がキチンと信心しているお陰で、大勢の不信心な人間よりも超越者から愛されている・支援されている、それが故に良運を呼び込むことが出来ている、と考えるほうが安心出来るのかもしれません。

芸能人なんてのは、実力はあって当たり前で、いっそなくても構わない、運やコネが大きい商売ですから、自力で何とかなる範囲が少ないでしょうね。そうなると、何らかの超越力の存在を信じたくなるのかもしれません。また、そう謂う心情に附け込んで勢力を拡大し得るような橋頭堡的なビジネスシステムもありますしね。

投稿: 黒猫亭 | 2009年4月25日 (土曜日) 午後 03時30分

こんばんは。
すごい個人的な感想ですが、20代なら有りがちな失敗なんですが、30代でやっちゃうとかなり恥ずかしい気がします。“いい歳して”みたいな視線が入ってきますんで(^_^;)まあ今まで芸能界で守られていたがゆえに“失敗デビュー”が遅くなってしまい逆に恥ずかしい事になってしまった気も…
しかし『スマスマ』を擁するフジテレビも容赦ないですね…今日に至ってもまだ報道番組のトップに持って来るんですから(^_^;)
しかし酔って裸になるくらいならまだしも(ええええ?(^∀^))死なない程度の酒量にしないとですね。クサナギくん、今回はかなり危険な量だったと聞きますから。そういう意味では今回無事で良かったですよ。

投稿: SHUZO | 2009年4月26日 (日曜日) 午後 10時42分

>SHUZOさん

>>すごい個人的な感想ですが、20代なら有りがちな失敗なんですが、30代でやっちゃうとかなり恥ずかしい気がします。

若いうちは経験が少ないんだから、多少の失敗は大目にみなきゃいかんですねぇ。これが三十代半ばと謂うことになると、一〇年以上酒呑んでるんだから、いい加減酒の呑み方くらい覚えろと謂う話にはなりますね。

もしくは、よっぽど腹に据えかねることでもあったのか…となると、何に腹を立てていたのか詮索する奴が出てくるのは必定ですね(笑)。そうすると、お定まりの誰それとの不和説とかそんなのが出て来るんですかね。まあ、ここはシンゴとの痴話喧嘩説と謂うのが一番罪がなくて好いかもしれません(木亥火暴!!)。

>>しかし酔って裸になるくらいならまだしも(ええええ?(^∀^))死なない程度の酒量にしないとですね。

急性アルコール中毒になってもおかしくないような酒量だったようですね。何でも短時間にビールを数リットル呑んで酎ハイだかも呑んでたとか。文字通り泥酔ですな。これは幾ら強くてもかなりヤヴァい呑み方ですね。

草なぎ剛については、下積みが長かったSMAPの中でも一番ブレイクが遅れた面子ですが、何とかここ数年の堅実な仕事ぶりで他のメンバー同様のトップスター扱いをしてもらえるようになったわけですから、笑い種の失敗で躓くだけならまだしも、健康を損ねてはつまらんでしょうね。

投稿: 黒猫亭 | 2009年4月26日 (日曜日) 午後 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136645/44785317

この記事へのトラックバック一覧です: ヌードな夜:

« 算盤じかけのオレンジ | トップページ | Shaolingirl »