« 微妙な界隈に住んでいるオレ | トップページ | 一夜明けて »

2009年8月30日 (日曜日)

DCD #31

恐るべき既視感。以上。

|

« 微妙な界隈に住んでいるオレ | トップページ | 一夜明けて »

コメント

お久しぶりです。
やっぱり荒療治になりましたね。

投稿: B助 | 2009年9月 4日 (金曜日) 午前 03時29分

>B助さん

トクサツ関係の話題を殆どしていなかったんで、大分ご無沙汰になりました。

しかし、あれ以外のやり方を識らんのですかねぇ。白倉ライダーで失望することに最早慣れっこになっている人々をも失望させると謂うのは、物凄いスキルです。彼、東映に入社するときに自分がぶった演説を忘れちゃったんですかね。自分で「如何なものか」と語ったその通りのことをしているじゃないですか。

まあオレは、會川昇が降板した時点でこの番組は終わったと思いましたので、米村メインになってからマトモに観ていないんですが、PDが米村のほうが好いと考えているんだから仕方ないですね。

あの降板騒動の際に、事情通の方から「白倉PDは最終的に『ライダーはデパート屋上の着ぐるみショーで好いんだ』と考えるようになったらしい」と聞かされて、これまで彼をねっとりとヲチしてきた人間としては半信半疑ではあったんですが、どうやらその通りだったようです。

米村脚本があれほど薄っぺらいのも、着ぐるみショーだと思えば納得です。

投稿: 黒猫亭 | 2009年9月 4日 (金曜日) 午前 04時07分

こんにちは

裏の仕掛けとか何も知らないで観たら、打ち切りなのかーって思っちゃいますよ、あれは。

投稿: About | 2009年9月 4日 (金曜日) 午前 10時29分

>About さん

>>裏の仕掛けとか何も知らないで観たら、打ち切りなのかーって思っちゃいますよ、あれは。

対象視聴層の子供たちがネットで情報収集したり特撮誌を読んだりはしないでしょうから、一五年後くらいにはこんな会話があるんじゃないでしょうか。


「おまえ、ガキの頃、仮面ライダーって観てた?」

「うん、観てた観てた。俺、電王が好きだったな」

「電王かあ、俺、その次のやつが好きだったなあ」

「電王の次のライダーってどんなんだったっけ?」

「あれだ、探偵が二人でダブル変身するやつだよ」

「それWだろ? 何かもう一つあったんじゃね?」

「そう? あ、ライダーが山盛り出てくるのがあったな」

「それそれ、ディケイドとかってんだよ、たしか」

「好きだったんだけど、何故か最終回観てないんだよな」

「ああ、たしかあれは途中で打ち切りになったんだよ」

「それでかあ、結局最後はみんな敵になるんだよな」

「そうそう、それでどうなるかと思ったら打ち切り」

「えっ、じゃああれが最終回だったのか、道理でその後を観てないと思った」

「視聴率悪かったのかねぇ、オモチャ持ってたんだけど」

「大人の事情ってやつじゃね?」


…合っているのは最後の一行だけ(笑)。

投稿: 黒猫亭 | 2009年9月 4日 (金曜日) 午後 01時52分

先生。キバを忘れてるのはわざとですかw。

投稿: quon | 2009年9月 4日 (金曜日) 午後 08時01分

>quonさん

>>先生。キバを忘れてるのはわざとですかw。

そんな、わざとなわけないじゃないですか、いやだなぁ(笑)。うっかりですよ、うっかり。ただ、キバに関しては「小池里奈がたくさん映っている」と謂うだけで「ネット版仮面ライダー裏キバ 魔界城の女王」が最高傑作だろうと思っていることだけはたしかです(笑)。

投稿: 黒猫亭 | 2009年9月 4日 (金曜日) 午後 08時08分

こんばんは。

毎度おなじみうちの愚妹が、時々見ていたらしいです。
私もつられて一瞬見まして「これ何?」と尋ねますと「仮面ライダーが一杯出てくる仮面ライダー」と答えます。
頭の中に疑問符がウヨウヨしましたが、聞き返すほどでもなく黙ってしばらく一緒に見ました。
「この人は?、でこっちの人は?」とまた尋ねますと「この人もあっちの人も仮面ライダーになる」再び疑問符がウヨウヨします。
でも最大の疑問は変身後を見て「とてもその重そうな格好で立っていられるほど体力があるように見えない」でした。

投稿: うさぎ林檎 | 2009年9月 6日 (日曜日) 午後 09時28分

>うさぎ林檎さん

>>私もつられて一瞬見まして「これ何?」と尋ねますと「仮面ライダーが一杯出てくる仮面ライダー」と答えます。

正しいです(笑)。

平成ライダー一〇周年記念作品と銘打って、今年のライダーが従来の九人のライダーの世界(パラレルワールド的なものですね)を回顧的に旅すると謂うコンセプトだったはずなんですが、そのうち昭和ライダーの世界もまぜこぜになって収拾が附かなくなってしまったのですね。

それ以前に、平成ライダーでは毎年複数人のライダーが登場するので、「九人」のライダーって謂う言い方はどうよ、と謂うツッコミもあります。

>>「この人は?、でこっちの人は?」とまた尋ねますと「この人もあっちの人も仮面ライダーになる」再び疑問符がウヨウヨします。

正しいです(笑)。

大勢のライダーが出てきてライダーや怪人と乱闘する番組なのです。最初のうちはまだお話があったから好かったんですが、ある時を境にしてお話がなくなってしまったので単なる着ぐるみショーになってしまいました。

>>でも最大の疑問は変身後を見て「とてもその重そうな格好で立っていられるほど体力があるように見えない」でした。

仰る通りです。

いやあ、平成ライダーって、識らない人が観るとそんな感じだと思いますよ。昭和の時代のライダーなら、或る程度ガタイの良い役者が演じていましたけど、今時のイケメンだと上背があっても肩が狭くて華奢な体つきですし。

投稿: 黒猫亭 | 2009年9月 6日 (日曜日) 午後 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136645/46070253

この記事へのトラックバック一覧です: DCD #31:

« 微妙な界隈に住んでいるオレ | トップページ | 一夜明けて »