« 加農法 | トップページ | 黒猫亭とむざうの帰還 »

2010年5月18日 (火曜日)

入院中

携帯からの更新なので詳しいことは後ほどご報告させて戴くが、土曜の深夜に倒れて現在入院中である。

軽度の脳梗塞と謂うことで遂に来るべきものが来たと謂うところだが、順調に回復していて後遺症もなさそうである。今日は一旦帰宅出来そうなので詳しいことはその時にでも。

そう謂うことでコメントやTBの公開承認が出来ないがそう謂うよんどころない事情なので悪しからず。

|

« 加農法 | トップページ | 黒猫亭とむざうの帰還 »

コメント

ええええええ、、、、、

心配です。


実は実家の母も脳梗塞(母はもともとは心臓です)で入院しています。
私もなるべく1ヶ月に一回は見舞いに帰りたいのですが、、、

いずれにしても、
どうか、くれぐれもお大事に。

投稿: せとともこ | 2010年5月18日 (火曜日) 午前 10時19分

こんにちは。

それは大変でした。脳梗塞は処置が早ければ早いほど事後が宜しいそうですから、早く気付かれたのなら良かったです。後は「時間薬」が直してくれます。
可愛い家族が二人もいるのですから、どうぞお大事になさって下さい。

投稿: うさぎ林檎 | 2010年5月18日 (火曜日) 午前 11時51分

>せとさん、うさぎ林檎さん

お見舞い有り難うございます。今、夕方まで一時帰宅していて、余裕がないので、纏めコメントにて失礼致します。

事の起こりは土曜の深夜一時過ぎで、それまでは普通に録画の編集をしたりネットを覗いたりしていて、もう一、二本録画の編集を済ませたら寝るか、と謂うタイミングだったのですが、座ったまま何だかフラッとするような感覚を覚えて、右手が痺れていることに気附きました。

この歳ですし、いろいろ知人から話は聴いていたので、「眩暈」に「右手の麻痺」の組み合わせに厭な予感がしたんですが、「まさか右半身全部が麻痺しているわけではないだろう」と思って立ち上がろうとしたところ、脚を動かせたので安心したのも束の間、体重を支えきるだけの力が入らなくてそのまま転倒してしまいました。

それっきり右半身の感覚がなくなって、これはどうもヤバイらしい、多分、脳血管のほうのトラブルだろう、と。

ただ、周期的に症状が軽くなったりしたので、一旦安静にして翌朝病院に行こうかなんて暢気なことを考えていたんですが、何とか寝室に移動して横になっても右半身の麻痺した感覚が不快で眠る気になれず、手遅れになって障害が残っても後悔するので、思い切って自力で一一九番へ通報しました。不自由ながら何とか身支度を整え、猫の餌を何日分か出して水を替えて、台所の椅子に座って救急隊を待っていました。

ウチは玄関が狭くて家具の搬入なんかに苦労するんですが、まさかオレ自身が搬出されることになるとは想像もしませんでしたから、救急隊員三人でストレッチャーを担いで出るのは大変でしたが、そのまま救急車に乗せられて近所の救急指定病院に担ぎ込まれてしまったと謂う次第です。「翌日帰れればいいな」なんて甘いことを考えていたんですが、当直医からは有無を謂わさない口調で「最低一週間入院です」なんて断言されてしまい、そもそも自力歩行が不可能なので諦めるしかありませんでした。

翌朝になっても麻痺がとれず、まったく力が入らなかったので一時は仕事のことや猫のことなどかなり悲観しましたが、日曜は友人や家族に来てもらって何とか留守宅の猫の手当もしてもらったり、必要な品物も用意してもらったので、一日点滴加療を続けて安静にしておりました。倒れたのが週末だったので、月曜まで専門医が不在だと謂うことで検査が遅れたんですが、今日までにCTやMRIを済ませ、専門医にも診てもらったところ、まあすぐに治ることは治るだろうし、後遺症も残らないだろうと謂うことで。

ただまあ、血圧が少し高めで高脂血症と指摘され、それと長年の喫煙が原因と視られると謂う診断で、退院したら生活習慣を変えろと謂うことなので、これがちょっと痛いですね。喰い物については、最近段々好みが淡白になってきたのでそんなに辛くないんですが、煙草は今すぐやめられるものでもないので、何とか頑張って禁煙まで持って行けたらいいな、と謂う感じですね。

それと、今週はDH98さんオススメの「マイマイ新子」を観に行く予定だったのですが、どうもシネプレックス新座の公開期間中には見に行けそうもないので、この場でお詫びさせて戴きます。こう謂う事情ですので、悪しからずお許し下さい。

投稿: 黒猫亭@一時帰宅中 | 2010年5月18日 (火曜日) 午後 02時51分

「順調に回復していて後遺症もなさそうである」という言葉に安心しておきますよ!

え? 別にこのエントリを見たからここに来たわけじゃないだからねっっっ!

投稿: hietaro | 2010年5月18日 (火曜日) 午後 02時53分

>ただ、周期的に症状が軽くなったりしたので、一旦安静にして翌朝病院に行こうかなんて暢気なことを考えていた

そんな恐ろしい事を仰有らないで下さい。冷静なご判断で直ぐに病院に行かれて良かったです。

>まあすぐに治ることは治るだろうし、後遺症も残らないだろうと謂うことで

ひとまず安堵を致しました。優等生患者として頑張って一日も早いご回復をお祈りします。
・・・・煙草はこの際是非ともすっぱりお止め下さいね(笑)。

>hietaroさん
何故、ツンデレ?

投稿: うさぎ林檎 | 2010年5月18日 (火曜日) 午後 03時37分

>ひえたろうさん、うさぎ林檎さん

>>「順調に回復していて後遺症もなさそうである」という言葉に安心しておきますよ!

論より証拠なので、帰宅後PCを立ち上げていつも通りダダ長い経過報告を書き込んでみました(笑)。

どうも今オレが使っているケータイのN905iは、使い勝手がダメダメで、メル打ちに限って謂っても決定ボタンがポインタ兼用になっているのが使いにくくて仕方ありません。前からケータイメールって好きじゃなかったんですが、機種変してから滅多に文章を打つ機会がなくなっていたので、ちょっと書き込みに苦労してしまいました。

一応必要なアドレスは大体ケータイに入れましたので、書き込みが不自由な他はコメントやTBの確認と公開承認は出来るようになりました。

うさぎ林檎さんが突っ込んでくれたので、ツンデレ発言は無視します(笑)。

>>そんな恐ろしい事を仰有らないで下さい。冷静なご判断で直ぐに病院に行かれて良かったです。

オレはいざとなると面倒なことから逃げたくなる小心者なので(笑)、夜の夜中に救急車を呼んで近所迷惑になるのが厭だなぁとか本質を外した心配をしてしまったんですが、まあ我が身の安全には替えられないので、意を決して通報しますた(そんな大袈裟なことかよ(笑))。まあ、結果的には大事に至らなくて好かったです。

>>・・・・煙草はこの際是非ともすっぱりお止め下さいね(笑)。

煙草はねぇ、やめるべきではあるんですがねぇ。嗜癖なので都合次第で一気にやめると謂うのも難しいですが、何とか努力します。すっぱり…うーん、流石に頑張ってもすっぱりとはいかないと思うので、とにかく努力します。

投稿: 黒猫亭@一時帰宅中 | 2010年5月18日 (火曜日) 午後 04時34分

黒猫亭さん!びっくりしましたよ。
一瞬呆然としましたもの。

不幸中の幸いなのが、後遺症が残らないだろうということですね。あと119番したのは大正解でした。

健康であっての趣味ですから、映画のことは気にせず治療に専念されますように。

投稿: DH98 | 2010年5月18日 (火曜日) 午後 07時28分

黒猫亭さんの鋭いコメントを期待している方は、大勢いらっしゃると思いますので、すっぱりとタバコをやめて、健康生活を心がけて欲しいと思います。
疲労も敵なので、返信もいりません。

投稿: どらねこ | 2010年5月18日 (火曜日) 午後 07時32分

久々に(御免)見に来たらビックリ!
軽度とのこと、まずは一安心。
ともかくご静養を。もちろん返信など超不要。

私も去年眩暈に襲われ、後日病院でCTを撮ってもらったところ、
ずっと前のものらしいが軽い脳梗塞の痕がある、と言われました。
身体というのは実に不思議なものです。

投稿: オキナタケ | 2010年5月18日 (火曜日) 午後 10時03分

お見舞い申し上げます。
後遺症はなさそうとのことですが、お大事に養生ください。

投稿: 亀@渋研X | 2010年5月18日 (火曜日) 午後 10時11分

大事ないご様子、先ずはホッと胸をなで下ろしてます。
ご無理なさらず、ご自愛下さい。禁煙はある程度年かさがいくと割と簡単に成功できるようです。一つチャレンジしても良いのではないでしょうか。

焼きそば・チャーハン断ちしてご快癒を影ながら祈ってます。
餃子は勘弁して下さい。

このコメントにも返信はいりません。お大事に。

投稿: みつどん | 2010年5月18日 (火曜日) 午後 10時27分

お戻りになったら詳細にわたる状況説明のエントリがきっとあがるだろう、と予想していたので、そちらにコメントさせていただくつもりでした。

もう年齢的にも生活習慣(^^;的にもあんまり他人事じゃなくて、ちょっと身につまされます。まずはお大事になさってくださいな。

投稿: pooh | 2010年5月19日 (水曜日) 午前 07時33分

まずはお見舞い申し上げます。
早く処置して良かったですね。
うちも要介護が3人おりましてそのうちの一人が脳梗塞です。
倒れる前に病院に行ったので軽度で済みました。
リハビリが始まると思いますが、無理せずに。
レス無用です。

投稿: b助 | 2010年5月20日 (木曜日) 午前 12時55分

お加減いかがでしょうか。
長めのコメントを拝見して、少し安堵いたしました。

病院は退屈ですし猫さんたちもご心配でしょうが、
どうぞ焦らずご無理なさらず。

本復されるのを心からお祈りいたしております。

投稿: 604 | 2010年5月20日 (木曜日) 午前 12時58分

一昨日知りましたが、まず、びっくり(自分も、心臓の方を気をつけないと思いました。
黒猫亭さんの年齢は存じていませんが、歳取ると、無理は禁物です・・・。)
症状が経度で良かったと思っています。

回復後は、まずは小文で、その後、鋭い記事を期待しています。

投稿: mohariza | 2010年5月21日 (金曜日) 午前 02時32分

こんにちは、お加減如何ですか?

黒猫亭殺すにゃ刃物はいらぬ、返信(長文)いらぬと書けばいい(笑)。

勿論、お返事無用です(意地悪)。

投稿: うさぎ林檎 | 2010年5月21日 (金曜日) 午後 02時10分

みなさん、温かいお見舞いの言葉を戴きまして有り難うございます。

お陰様でほぼ平常通りに回復し、予定を一日前倒しして本日退院出来ました。明日にでも落ち着いたら更めてご挨拶させて戴きます。

>>黒猫亭殺すにゃ刃物はいらぬ、返信(長文)いらぬと書けばいい(笑)。

ふぇっ、ふぇっ、ふぇっ、ふぇっ、ふぇっ、そうはいきませんぜ(笑)。たとい「返信無用」と言われようが何だろうが、強引にお返事させて戴きます(笑)。

投稿: 黒猫亭@退院しますた | 2010年5月21日 (金曜日) 午後 05時08分

ご病気のこと、たった今、知りました。最初はぎょっとしましたが、まずはご退院おめでとうございます。
お互いいい歳です。お医者さんの言いつけは守って長生きしましょう。

投稿: マサキ | 2010年5月21日 (金曜日) 午後 07時55分

>猫の餌を何日分か出して水を替えて
所帯持ち(人間)の私なんかの場合、長期化したら「扶養家族をどうしよう」なんて悩みも出てきますが、とっさの時には妻子がたよりになるわけです。
でも所帯持ち(人間以外)の場合は、救急車を呼ぶ段階で(それも自力でしなきゃなんないし)そちらの関係でもあれこれ不安を抱えるわけですよね。
いやお取り込み中のところ、ごちゃごちゃ書いてすみません。何よりお見舞い申し上げます。

投稿: Leo16 | 2010年5月22日 (土曜日) 午前 04時25分

すいません、すっかり出遅れました(^^;。

その後お加減はいかがでしょうか。私は酒もたばこもやりませんが、甘いものと脂っこいものが好きという弱点がありますので(笑)、今年は脳ドックを受けることにしました。と言うタイミングでこのエントリをみたもんですから、何か感じるところがあるのかもしれませんね。・・・って偶然やろ(笑)。

とにかくですね、まだまだお互いトクサツの行く末と娘達の将来を見守る役目があるんですから、ここから先少しでも長生きできるよう努力しませんか。近いうちに会いに行かないといけないような事態にだけはならないようにお願いしますね。

投稿: がん | 2010年5月22日 (土曜日) 午後 05時40分

ちょっとゴタゴタしたので土曜日は忙しかったのですが、漸く落ち着きました(笑)。


>DH98さん

>>健康であっての趣味ですから、映画のことは気にせず治療に専念されますように。

本当は今日までの公開なので行けないこともなかったのですが、お言葉に甘えて静養させて戴きました。実は倒れた翌日の日曜日に観に行く予定で(どうやら初日は舞台挨拶があると謂うことで混むかと思ってパスしました(笑))、朝一〇時からの一回限り上映なのでもう寝ようかと考えていた矢先でした。

個人的にも興味を覚えていた映画ですので、いずれDVDが出たら観ようかと考えています。この件に関しては「珍しく(笑)」約束を覚えていたので、「こんなオレでも約束くらい守るんだぜ、へっへっへ」とか思っていたのにこう謂う仕儀に立ち至りまして、神様はオレに約束を守らせない方向で成り行きを仕組んでいるのかと(笑)。


>どらねこさん

>>すっぱりとタバコをやめて、健康生活を心がけて欲しいと思います。

仰る通りでございます(笑)。喰い物のほうは最近嗜好が淡白になってきたので、減塩や低脂肪の料理でも大丈夫だと思うんですが、肉体依存のある嗜癖だけに煙草のほうが問題ですね。

某所でオススメされたニコチネル・パッチを退院時に処方してもらったんですが、脳外科の担当医から「パッチなんて効かねーよ。ウチのスタッフもパッチでやめられた奴なんか一人もいねーから」とか無惨に希望を打ち砕くお言葉を戴きました(笑)。

最後は意志の力しかないよ、と謂うことだそうですが、意志弱いからなー(笑)。


>オキナタケさん

>>私も去年眩暈に襲われ、後日病院でCTを撮ってもらったところ、
>>ずっと前のものらしいが軽い脳梗塞の痕がある、と言われました。

どうもそう謂うものらしいですね。オレもCTやMRIで、過去に自然治癒していた軽度の脳梗塞が何カ所か見付かりました。言われてみれば、過去に何度か右手の痺れを経験していたのですが、脳のほうではなく筋肉や神経などの運動機能か血管系のトラブルだろうと思っていました。

やはりこの種の病気は、何もないところにいきなり大きいものが来ると謂うものではなく、徐々にひどくなって重症化するものらしいので、「言われてみれば」的な予兆はあるもののようです。ですから、やっぱり定期検診などで事前に発見するとかリスクファクターを低減するように心懸けることが有効なのでしょうね。

オキナタケさんの場合は、ギリギリ大発作の手前で発見出来た幸運な例と謂うことになるでしょうか。動脈硬化に変わりがなければその後もハイリスクではあると謂うことですから、「脳梗塞があった」と謂う事実を識ることが出来れば大分意識も変わりますよね。


>亀@渋研Xさん

>>後遺症はなさそうとのことですが、お大事に養生ください。

今回は大丈夫でしたが、今後生活習慣が改まらなかったら、二年後くらいにもっと大きいのが来て危ないよ、とナースに脅かされました(笑)。やっぱり、この年になったら病気の一つや二つするのは仕方ないですが、老後のQOLを考えると、後に障害が残るのは厄介ですね。

オレなんか貯金もないし年金もろくに払ってない独り者ですから、働けなくなったらたちまち困窮してしまいますし、精々気を附けて歳を取っても働き続けていられるように健康管理したいと思います。つか、宝くじ当たんねーかな(笑)。


>みつどんさん

>>禁煙はある程度年かさがいくと割と簡単に成功できるようです。

結構年嵩がいってますが(笑)、「簡単」に成功するかどうかはわかりません(笑)。退院後も踏ん切りが附かずに未だに吸っていますが、いつまでもモラトリアムが続くわけではないので早いうちに試みてみたいと思います。

>>焼きそば・チャーハン断ちしてご快癒を影ながら祈ってます。
>>餃子は勘弁して下さい。

どう考えてもみつどんさんもハイリスク群ですよね(笑)、お気を附けください。以前のエントリで書いたように、焼きそば・炒飯は「うげっ」と思うほど油を使うので、今後は一食それを食べたら次の食事の塩分や脂肪を調節する必要があります。

糖尿にしろ高血圧にしろ、鹹いものや脂っこいものを食べてはいけないと謂うわけではなく一日の食事全体でバランスを採れば好いようなのですが、食の嗜好と謂うのはそうそう簡単に変わらないのでズルズルいっちゃいそうなのが怖いですね。

一回当たりドカ喰い率の高いオレとしては、血糖値の急激な上下が常態化しているはずなので糖尿病も心配だったんですが、そっちのほうは大丈夫だったみたいです。それでも流石にもう食事量自体も減らしていかないといけないでしょうね。

みつどんさんもかなりの健啖家と伺っておりますので、そろそろ食生活を改めたほうが好いかもしれませんよ(笑)。お互い大のビール党ですから、通風なんかもかなり心配ですよね。


>poohさん

>>もう年齢的にも生活習慣(^^;的にもあんまり他人事じゃなくて、ちょっと身につまされます。

他山の石と謂うこともありますので、似たような年格好で似たような生活習慣の奴が倒れたことを参考にお考え戴いて、それで未然に予防が出来れば、倒れただけの甲斐があります(笑)。

ただまあ、やっぱりこう謂うことってのは自分の身に降り懸かるまでは「怖いなぁ」と思っていてもリアルには実感出来ないですね。オレも高齢層の多い職場で働いているので、脳血管疾患で倒れた話は腹一杯聴いていて怖いとは思っていたのですが、それで何かアクションを起こしたわけでもなくてこのザマですから。


>b助さん

>>うちも要介護が3人おりましてそのうちの一人が脳梗塞です。
>>倒れる前に病院に行ったので軽度で済みました。

オキナタケさん同様、早い発見で好かったですね。入院中は五人部屋に入れられていたんですが、オレ以外は殆ど半身麻痺が取れない全介助の患者でしたので、たっぷり怖い思いをしました。隣のベッドの患者は意識混濁や言語障害もあったみたいで、毎日毎日ナースや家族が「名前言える?」「今日は何日?」と聞いていて、記憶障害とか言語障害があったら怖いんだなぁ、と。

オレの入院経験としては、十数年前に二年続けて事故で骨折して形成外科に入院したことがあるんですが、入院も一カ月以上になると神経が参ってきますね。普通なら我慢出来ることが我慢出来なくなったり、睡眠障害に苦しんだりしますし、幸いオレは今回もすぐに歩き回れるようになりましたが、突発的な怪我や病気で入院して全介助だと一番困るのは排泄ですね。昨日までピンピンしていた壮年の人が自力歩行で用便出来なくなると、羞恥心が働いたりプライドが痍附いて、便秘が一カ月くらい続く人もたくさんいるみたいです。

>>リハビリが始まると思いますが、無理せずに。

今回はもう日を追うごとに軽快して痺れも残らなかったので、幸いにしてリハビリは必要ありませんでした。左手の骨折時の経験から言うと、半月以上麻痺していたら危ないところでした。ギプスが取れて暫くは全然動きませんでしたから。

…と謂うところで長くなったので一旦コメントを分けますね。

投稿: 黒猫亭@通常モード | 2010年5月23日 (日曜日) 午前 10時51分

続きです。

>604さん

>>病院は退屈ですし猫さんたちもご心配でしょうが、
>>どうぞ焦らずご無理なさらず。

独身ですから最初の日だけ友人と実弟に来てもらって、後はすべて単身で治療生活ですから何もすることはないんですが、左程退屈に苦しむことはありませんでした。友人に頼んでiPodを取ってきて貰って、ずっと落語を聴いていたんですが、こう謂うときは落語は重宝ですね(笑)。話の先行きがすっかりわかっていても何度も聴いて何度も楽しめる辺り、音楽を聴くよりも退屈しないですね。

治療はすべて点滴(体内の水分を増やしながら血栓を溶解させる薬液を流し込む)中心で、それに体温と血圧の検査が定期的に入るくらいなんですが、点滴が朝食後から消灯時まで殆ど一日中続くので、その間ずっと横になっていて、しかも薬液が空になるのを自分で見張っていないといけないのがしんどかったですね(笑)。つまり、横になっていても寝ちゃダメなんですよ。

血液の凝固を阻害する薬液を入れているので、油断すると点滴の針を抜いた後に血が止まらなかったりしますしねぇ(笑)。血が止まりにくくなっているから、絶対怪我しないようにと釘を刺されましたし。

猫については、日曜日に友人に見てきてもらった後は、一日置きに一時帰宅を繰り返して自分で見に行っていましたね。ちょっと気温の変化が大きかった週なので、主にエアコンが心配でした。


>moharizaさん

>>一昨日知りましたが、まず、びっくり(自分も、心臓の方を気をつけないと思いました。

あ、心臓のほうに不安があるのですか、それも怖いですね。オレは今年は四回目の年男なんですが(婉曲表現です(笑))、四十代半ばを過ぎると、脳か心臓かガンか、その辺のリスクが高くなってきますよね。生活習慣以外にも家系的な体質とかありますし、男女で比較すると男は脳血管系が危なくて女性は心臓が危ないなんて謂いますね。

心臓のほうは経験がないので実感はありませんが、大分苦しいもののようですね。


>うさぎ林檎さん

>>勿論、お返事無用です(意地悪)。

いーえ、誰が何と言おうがお返事だけはさせて戴きますとも、ええ(笑)。


>マサキさん

>>お互いいい歳です。お医者さんの言いつけは守って長生きしましょう。

若い頃は「太く短く鮮やかに」なんて甘っちょろい世迷い言を吐いたりしますが、人生半分過ぎた後になると途端に命根性が汚くなりますよね(笑)。今年になってから何とか仕事が軌道に乗ってきたので、周囲にも「オレは一〇〇まで健康に長生きして死ぬまで働きますよ」とか豪語していたんですが、その舌の根も乾かぬうちに脳梗塞で倒れたんでは、やっぱり口先男の謗りは免れませんねぇ(笑)。

お医者さんの言いつけと謂えば、退院後の諸注意の書面には、「塩分、脂肪を控え、適度な運動を心懸け」みたいな決まり文句の後、一行改行して「禁煙してください」と書いてありました(笑)。なんでそこだけ要望型なんだよ(笑)。


>Leo16さん

>>所帯持ち(人間)の私なんかの場合、長期化したら「扶養家族をどうしよう」なんて悩みも出てきますが、とっさの時には妻子がたよりになるわけです。

仰る通りで、世帯主が長期入院した場合、出る一方の半面入ってくるものは保険に加入していても微々たるもので、下手をすると配置換えや失職のリスクが出てきますから洒落にならないほどの心痛ですよね。病気の先行きなんて、それこそ医者が予測出来る範疇を超えたら神様しかご存じないわけですし。

それでも奥さんやお子さんが交代で面倒をみてくれたりと謂うことはあるでしょうけれど、病気で気が弱くなってくると、家族に苦労や心配を掛けること自体が心労としてのし掛かってきたりしますし、なかなか病人の心の置き所は難しいですね。

>>でも所帯持ち(人間以外)の場合は、救急車を呼ぶ段階で(それも自力でしなきゃなんないし)そちらの関係でもあれこれ不安を抱えるわけですよね。

仕事がなくて生活不安があった頃は、とにかくもしも何かあったときは猫をどうしようかと謂うことばかり考えていました。それで友人にも声を掛けて、何かあったら引き受けてくれるようにお願いしていたんですが、突然倒れたそのときにどうするかと謂うシミュレーションはいつもしていましたね(笑)。

餌を数日分出して、新鮮な水を一週間程度飲めるようにして、発見されるまでの時間を稼ごう…みたいなことを考えていて、餌も常に余分に置いておくようにはしてあったので、そのシミュレーションが役に立ちました。半身が麻痺していてまったく動けないと謂う状況はちょっと想定外でしたが、何とか準備する余裕がありました。

後は、ストレッチャーで運び出される際は暫く玄関口を開けっ放しにしなければいけませんから、完全室内飼育の猫がその間に外に出てしまったら帰って来れないのではないかと謂う心配がありました。家を出た後の施錠は救急隊員がやると謂う段取りになっているみたいなんですが、その間に猫が外に出ていたら…と心配で、何度も「猫が出ていませんでしたか」みたいに聞いてしまいました(笑)。

まあ、今回は「独居の中年男性が誰にも気附かれずに死亡し一カ月後に発見、その傍らに餓死した猫の死体が」みたいな状況でなかったのが幸いでした。最近もニュースでそんな話を聴いた記憶があって、怖いなぁと思っていた矢先でしたし。


>がんさん

>>私は酒もたばこもやりませんが、甘いものと脂っこいものが好きという弱点がありますので(笑)、今年は脳ドックを受けることにしました。

糖尿病とか心配ですね(笑)。脂っこいものはもう少ししたら(笑)そんなに食べられなくなると思いますので、そう謂うタイミングで意識して淡白な食生活に切り替えると謂う手があると思います。甘いものは、これはもう好きな人は死ぬまで好きみたいですから自然に敬遠するようにはならないでしょうね(笑)、頑張って控えてください。

>>とにかくですね、まだまだお互いトクサツの行く末と娘達の将来を見守る役目があるんですから、ここから先少しでも長生きできるよう努力しませんか。

努力します。肉体にも精神にも結構ショボい限界と謂うものはありますが、「努力には限界がない」なんて青臭いことを割とマジに考えています(笑)。肉体がへたっても精神が参っても、努力しようと思えば何かしら努力は出来るものですよね。

じゃあその努力で早速禁煙しよう、と言われたら二の足を踏むわけですが(笑)。

投稿: 黒猫亭@通常モード | 2010年5月23日 (日曜日) 午前 10時52分

ご退院おめでとうございます。

無事退院されるまでチョコレート断ちする、と決めておりましたが、お早くてようございました。

いろいろやらねばならぬこともおありでしょうが、まずは自宅でごゆるりと。

返信は3行くらいにお留め下さいねーとか書こうと思ったら、何だか怒涛の返信がリアルタイムで来てるではないですかー!あわわ。

投稿: 604 | 2010年5月23日 (日曜日) 午前 11時08分

>604さん

>>無事退院されるまでチョコレート断ちする、と決めておりましたが、お早くてようございました。

顔も識らないご婦人が何処とも識らぬところで顔も識らない中年男の為に断ち物をして平癒祈願とは随分色っぽい話に聞こえますね、それこそ落語や芝居のようなノリで嬉しい限りです(笑)。

これで「元々チョコレートが嫌いだから」と謂うオチだったら、勢い剰ってキーを打つ手が突き指をしてしまいそうですが(木亥火暴!!)。

>>返信は3行くらいにお留め下さいねーとか書こうと思ったら、何だか怒涛の返信がリアルタイムで来てるではないですかー!あわわ。

ふっふっふ、ウチは基本全レスですし、うさぎ林檎さんの挑発に敢えて乗るのも漢気と謂うものでせう(笑)。

投稿: 黒猫亭@通常モード | 2010年5月23日 (日曜日) 午前 11時24分

ご退院おめでとうございます。

>>うさぎ林檎さんの挑発

おや?挑発とは面妖な仰有りよう。私は黒猫亭さんの気持ちを代弁しただけのつもりでございます(だって皆さん黒猫亭さんに返信するな、長文書くなとあさって方向のお気遣いなんですもの)。

禁煙はですね、大丈夫です。私でも出来ましたから。
大学生時代は1日2箱強のちょっとしたスモーカーでしたが、就職して止めました。プログラマですから吸い続けると本数が洒落にならんので思い切りました。
禁煙のコツなんてありません、結局は根性です。葉っぱを刻んだモノなんぞに、振り回される事が我慢成らん。そう思うしかないですね。

煙草止めた方が、ご飯が美味しいですよ。そして摩耶さん達も身体に煙草の臭いが付かなくなって喜んでくれると思います。
ガンガレ~~~(笑)

投稿: うさぎ林檎 | 2010年5月23日 (日曜日) 午後 01時49分

>うさぎ林檎さん

>>おや?挑発とは面妖な仰有りよう。私は黒猫亭さんの気持ちを代弁しただけのつもりでございます

うーむ、断ち物をして平癒祈願するご婦人の後は、辰巳上がりに鉄火な啖呵を切るご婦人の登場とは、ますます以て時代劇の世界になって参りました(笑)。何だか自分が桃太郎侍のような気分になってきました(笑)。

>>禁煙のコツなんてありません、結局は根性です。葉っぱを刻んだモノなんぞに、振り回される事が我慢成らん。そう思うしかないですね。

結局結論としては精神論にならざるを得ないですなぁ。嗜癖からの更生は、個々人の身体内環境や体質とか性格の兼ね合いですから、一般論がそのまま通用するとは限らないですし、或る人には効いた禁煙法が別の人にはまったく効かないとかありますからね。

依存の度合いや体質とは別に、根性とか意志の力と謂うことだけは万人平等の要素ですから、やっぱり最終的には精神論になるんですよね。オレの場合は心理依存もかなり強いように思いますから、禁煙補助剤の力だけでは勿論禁煙出来ないのではないかと思います。そうすると、やっぱり自分を上手く騙しながら意志の力で喫煙習慣を根絶するように持っていくしかないですね。

ただ、オレはガムが嫌いで口寂しいときにガムを噛むと謂うのはあまり気が進まないので、スルメなら好きだからスルメを噛もうかとちょっと思ったんですが、自宅ならともかく職場でひっきりなしにスルメを囓っているオッサンと謂うのもちょっとゾッとしないですね(笑)。

塩昆布なんかも好いみたいですが、やっぱり鹹いものはちょっと拙いですね。

>>煙草止めた方が、ご飯が美味しいですよ。そして摩耶さん達も身体に煙草の臭いが付かなくなって喜んでくれると思います。

猫の毛がヤニ臭いと謂うのはたしかに気持ち悪いんですよねぇ。知人の話ですが、台所で揚げ物をしていると必ず猫が寄ってくるので、揚げ物をすると猫の毛が油臭くなるそうです(笑)。ウチの猫は、一匹がセーブルカラーでもう一匹がチャコールグレーなので両方茶色の色味が入っているんですが、口の悪い友人はそれを視て「猫の毛がヤニで染まったのではないか」なんて言います(笑)。

とにかく、何とか頑張って早いうちに煙草をやめたいと思います。

投稿: 黒猫亭@通常モード | 2010年5月23日 (日曜日) 午後 02時09分

オカエリナサイ
大した事なくて良かったですね
そしてとうとう禁煙ですか、、、私も煙草増税までには、なんとかしたいんですが中々踏ん切りが付きませんw
とりあえず、電子タバコによる減煙を試してみようと温い事考えてます。

投稿: うに | 2010年5月23日 (日曜日) 午後 02時57分

もしかして、ガンガンレス付ける方が回復早くないですか?(笑)こうやってストレス解消する方がいいのかもしれませんねぇ・・・。

私の方は今のところすこぶる元気ですが、中の方では何が起こってるかわかりませんからねぇ。ところが、甘いものと脂っこいものを控えようかと思った矢先、とても美味しいチョコレートを見つけてしまいましてね。これがまた、普通のチョコレートよりカカオバターの含有量が多いようなんですよ。しかも安売りしていたんで、2箱も買ってしまいました(木亥火暴!!)。

なので、1日2個までに限定しようと思ってます。と言ったようなペースでお互いゆっくり頑張りましょう(笑)

投稿: がん | 2010年5月23日 (日曜日) 午後 05時46分

あ、申し遅れましたが、はてなのブクマコメで応援してくださった方々にもお礼を申し上げます。どうも有り難うございます。

投稿: 黒猫亭@通常モード | 2010年5月23日 (日曜日) 午後 10時13分

>うにさん

>>そしてとうとう禁煙ですか、、、私も煙草増税までには、なんとかしたいんですが中々踏ん切りが付きませんw

オレもオレも(笑)。実は倒れる前にも煙草増税で一日九〇〇円弱の負担になるのは家計的に厳しいし癪に障るなぁと思って、何とか一箱に収めようなんて考えていた矢先にこんな事態に立ち至って、一足飛びに禁煙ですよ(笑)。今までにも何度か「やめられないかな、やめられるといいな」的なユルい料簡で煙草を断ってみたことがあるんですが、全然続きませんでしたからねぇ。全然自信ないです(笑)。

>>とりあえず、電子タバコによる減煙を試してみようと温い事考えてます。

電子タバコはオレもちょっと興味があるんですが、どうも禁煙と謂うことになるとタバコを吸いたいと考えるのもいけないみたいなので、タバコっぽい代替品で凌ごうと謂う発想ではダメみたいですね。

節煙なら電子タバコもいいんじゃないかと思います。まあ、うにさんもオレより少し下の年代とはいえ、そろそろ三大疾病のリスク群に入ってくると思いますので、お定まりの定期検診だけではなく人間ドックなんかも受けてみてはどうでしょう。

投稿: 黒猫亭@通常モード | 2010年5月23日 (日曜日) 午後 10時16分

>がんさん

>>もしかして、ガンガンレス付ける方が回復早くないですか?(笑)こうやってストレス解消する方がいいのかもしれませんねぇ・・・。

いやいや、入院中はPC持ち込みが禁止されていたので、ケータイでちまちまレス附けと謂うことになったらかなり大変だったので、返信無用とお気遣い戴いたことも大変有り難かったですよ。今になってガンガンレスを附けているのは、PCのある環境に戻って落ち着いて、当面やることもなくなったからですし。

>>私の方は今のところすこぶる元気ですが、中の方では何が起こってるかわかりませんからねぇ。

そうそう、オレだって倒れる寸前までは物凄く元気でしたよ(笑)。今年は何だか体調がいいな、くらいに思っていたほどですから、本当に身体の中のことは外から見ただけではわからないものですね。

>>これがまた、普通のチョコレートよりカカオバターの含有量が多いようなんですよ。しかも安売りしていたんで、2箱も買ってしまいました(木亥火暴!!)。

…ダメじゃん(木亥火暴!!)。

甘いものはオレも好きですが、ついつい手が出てやめられない、と謂うほど好きでもないですね。でも、チラッと小耳に挟んだ限りでは、甘いもの好きな人が甘いものを食べると、脳内に「甘いもの汁」がじわっと分泌されるらしいですから(笑)、麻薬様の作用があるみたいで、煙草と似たようなものかもしれません。

嗜癖からの脱却はやっぱり難しいし、それ相応にストレスがありますが、まあ上手くバランスをとって頑張っていきましょう。

投稿: 黒猫亭@通常モード | 2010年5月23日 (日曜日) 午後 10時18分

ご退院おめでとうございます。
後遺症も残らなかったとのことで安堵しております。
電気シェーバーをお使いならば問題ないのですが、ひげそりで顔を切ったときに驚くんですよ。「血が止まんね~!」って。
あと、やたらと喉が渇くとかあると思います。

成人病スパイラルには気をつけてくださいね。

投稿: b助 | 2010年5月24日 (月曜日) 午前 12時46分

>b助さん

>>電気シェーバーをお使いならば問題ないのですが、ひげそりで顔を切ったときに驚くんですよ。「血が止まんね〜!」って。

そうなんですよね、オレも一度点滴を抜いた後の針の穴から大出血してビックリしたことがあって、それまではリンゲルとか生食とか普通の栄養剤や抗生物質の点滴しか経験がなかったので、点滴の針の穴なんてアッサリ塞がるものだと思っていたんですが、額が切れたときみたいにダラダラ大量出血したのでビビリまくりました。

脳梗塞の治療ですから、血が固まらない薬液を全身に流し込んでいるわけで、それが脳血管の中でだけ作用するわけではないですもんね。ナースからも「転んで怪我をしたら大変なことになりますよ」と脅されていました。現在服用している薬も同様な薬理で、しかも点滴がなくなった分だけ薬効成分が増量されているそうなので、精々気を附けたいと思います。

>>あと、やたらと喉が渇くとかあると思います。

ああ、飢渇感があるんですか。それは説明されなかったような。まあ、それでなくても一日に最低一リットルくらいジャスミン茶を飲んで頻回小用に立つので、生活自体はそんなに変わらないかな(笑)。

>>成人病スパイラルには気をつけてくださいね。

何度も語った通り、ドカ喰いや鹹くて脂っこいものを好む嗜好の改善はそんなに困難がないと思うんですが、問題は煙草ですよね。煙草を止めれば肺ガンのリスクもなくなりますし、煙草以外の体質的なリスクファクターは家系的にそんなに強くないので、やっぱり禁煙が最大の課題ですね(笑)。

投稿: 黒猫亭@通常モード | 2010年5月24日 (月曜日) 午前 01時49分

どうやら調子も戻りつつあるようで一安心です。猫さんたちも安心でしょうな。自分では自分の事をどうにもできない家族なのですから、絶対に先に死んじゃだめ、と。

ご自身で体験したから身に沁みている今、再発を防いで猫さんたちと平和に暮らせるよう、健康管理に勤しんで下さいね。タバコは嗜癖の中でも克服が難しいですが、止めれば絶対的にリスクが下がりますし。正直言うと…他のことが多少ダメでも、タバコ止めれば何とかなるくらい、ファクターとしてはでかいです…

健康を脅かされるとヒトは真剣になるモンです。
不肖ワタクシも、高校時代よりも体重を減らせたのは「高脂血症」のみならず「高血圧」と「空腹時血糖値が正常上限ギリギリ」という生活習慣病王道の検査結果を突きつけられたからです、はい。家族歴はなくても「糖尿病」の療養が難しいのは知っているので、絶対なりたくないの一念でした。

体重計(体脂肪が量れると尚良し)導入で、現在の身体の状態を一度じっくり見直してみるのも吉かと。どうぞお大事に。

投稿: shof | 2010年5月24日 (月曜日) 午後 07時26分

>shofさん

>>タバコは嗜癖の中でも克服が難しいですが、止めれば絶対的にリスクが下がりますし。正直言うと…他のことが多少ダメでも、タバコ止めれば何とかなるくらい、ファクターとしてはでかいです…

どう考えても毒ですからね(笑)。塩とか油は「摂り過ぎ」が問題なんですから、バランスの問題でどちらも人体には必要なんですが、煙草は明らかに人体にとって有害無益なものを好き好んで吸飲しているわけですから、身体に良いわけがないですね。

かなりヘビースモーカーなので、肺ガンの心配はしていたんですが、脳梗塞のほうが先に来るとは予想していませんでした。何か、煙草を止めた自分と謂うのがちっともリアルにイメージ出来なくて(笑)、あんまり自信がないのですが頑張ります。

>>家族歴はなくても「糖尿病」の療養が難しいのは知っているので、絶対なりたくないの一念でした。

糖尿病もずっと附き合っていかなければならない病気だけに、それこそ老後のQOLが格段に下がるんではないかと思います。オレも気を附けたいと思いますが、体重的には身長対比でそんなに問題はないんですよね。体脂肪も最近筋肉量を増やして内臓脂肪を落としていましたから、医者にも体重のことは何も注意されませんでした。

やっぱり、血圧が高いのと高脂血症気味だと謂うのが問題みたいで、血糖値は若干高いくらいだったみたいです。体重に関しては二十数年変わってないです。数字は同じでも筋肉と内臓脂肪の割合が違っていたりしますが(笑)。痩せろと言われたら多分痩せられないこともないんですが、体重を落とすと調子悪くなるのは過去の経験でわかっているので、医者からダイエットを勧められなくて良かったです(笑)。

差し当たり、血圧が一番問題のようですので、血圧計を買ってまめに量ってみようかと思います。

投稿: 黒猫亭@通常モード | 2010年5月25日 (火曜日) 午前 07時00分

忙しくてblog巡回も滞っていて、久しぶりに見に来たらびっくりです。
後のエントリーやコメントを拝見した限り、順調に回復なさっているようで何よりです。
どうかお大事になさってください。

投稿: apj | 2010年6月 1日 (火曜日) 午後 09時44分

>apj さん

ご無沙汰しております。そう謂う次第で大騒ぎをした挙げ句一週間ほど入院しておりましたが、何とか大過なく戻ってこられました。

大したことない、と謂うほど軽く受け止めて好い出来事ではなかったですが(笑)、病気それ自体よりも、やっぱりオレも極当たり前に肉体年齢が老化していて、これまでの生活習慣を考えると三大疾病のハイリスク群なんだな、と謂う当たり前の事実を突き附けられたことのほうが大きいですね。

これまでかなり長い間健康診断を受診しておりませんでしたので、今回の検査の結果を見て、かなりゲッソリさせられました(笑)。血圧が高めに出たのは、自宅で計ると基準値前後なのでどうやら病院嫌いのせいで病院にいるとかなりストレスを感じるかららしいのですが、高脂血症のほうはLDLがかなり高めに出ているので相当ヤヴァいです。

来年の夏でオレも五十路の坂を登り始めますので、どうやら生活習慣を大幅に改善しないといかんようです。

投稿: 黒猫亭 | 2010年6月 2日 (水曜日) 午後 05時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136645/48389635

この記事へのトラックバック一覧です: 入院中:

« 加農法 | トップページ | 黒猫亭とむざうの帰還 »