« いくつ 峠を 越えた | トップページ | 滑稽な死に様 »

2010年9月14日 (火曜日)

なんでわかるの?

さっきまでCXの深夜番組の「くちこみっ」と謂うバラエティを観ていたのだが、久方ぶりに朗らかに大笑いした。

タイトルだけ聞くと何だか街の人気スポットを紹介するお昼の情報番組みたいに聞こえるが、この番組は何故か巷で当たると評判の占い師を紹介すると謂う企画に特化していて、その意味では「口コミ」と謂うタイトルでもおかしくないのだが、タイトルに「占い」と謂う要素がまったく入っていないので、何の予備知識もなしに観ると最初から最後まで占いの話題しか出て来ないので何だか変な感じのする番組である。

で、何が笑えたのかと謂うと、本日の放送では何とか謂う女性モデルが沖縄のユタと謂う触れ込みの占い師(因みに男性である。沖縄で謂う「ユタ」は女性であるとは限らない)に相談を持ち掛けるのだが、このユタは依頼者から相談内容を聞かなくても何が聞きたいのかを感じ取ることが出来ると謂うことで、今回も依頼者の相談内容が死産や早産と謂う心配事が続く兄夫婦の子供のことであると謂うことをズバリと言い当てた。

笑ったのはその直後で、「実は相談者はユタに会う前にこんなことを語っていた」と謂う意味のナレーションと共に、兄夫婦の子供のことについてカメラに向かって事細かに語る相談者のVが流れたのには大爆笑した。

占いのVを観るスタジオのMCやゲストたちの様子がワイプで流れるのだが、ユタが相談内容を言い当てたのを見て「えーっ、なんでわかるのー?」とか大袈裟なリアクションを返すのがさらに爆笑を誘った。

なんでそんなことがわかるのかは大人なら誰でもわかることである。

|

« いくつ 峠を 越えた | トップページ | 滑稽な死に様 »

コメント

私は、子どもだからわからないのですが、この事務所に所属なさっている「先生」方は、みなさん、その番組のご常連でいらっしゃるようです。
http://luna-group.jp/service.htm
さすが、フジテレビ。「あるある」くらいじゃ懲りていないみたいですね。

投稿: mimon | 2010年9月15日 (水曜日) 午後 10時39分

>>mimon さん

>>私は、子どもだからわからないのですが、この事務所に所属なさっている「先生」方は、みなさん、その番組のご常連でいらっしゃるようです。

何とも不思議な偶然の一致ですねぇ。

すべてのページに目を通してみましたが…と謂っても、左コラムのボタン一個につき各一ページで計たったの四ページしかないので全部読むのも楽でしたが(笑)、何をする事務所なのか皆目わからない辺りが素敵ですね。

会社情報によると、事業内容は以下の通りだそうなんですが、まあこれは登記上の方便で将来的にどう謂う方向性に進んでも好いように並べ立てた、早い話が現段階では単なる画餅でしょうから、現在の実態はよくわかりませんね。

>>イベント企画立案&運営
>>講演サポート
>>タレントプロデユース
>>エコ活動イベント企画&運営
>>アイデア料理携帯サイトの運営
>>フードコーディネーターのメディアプロデユース
>>エンターテインメント企画
>>アスリートのプロデユース

所属タレントの顔ぶれを見るに、アリモンの占い師をメディアに売っていくマネジメント契約でも結んでいるのかな、と謂う印象ですね。それでCXにプッシュを掛けて夜中のコンテンツとしてねじ込んだって感じですかねぇ(笑)。

CXと謂う放送局は伝統的にこの辺の脇が甘いので今更言うのもアレですが、個人営業の占い師なんて身許の危なそうな人材(笑)を持て囃しておいて、いざ不祥事が起きたらどうするのかなんて何も考えてなさそうな辺りがノンシャランつーか無責任ですねぇ。

>>さすが、フジテレビ。「あるある」くらいじゃ懲りていないみたいですね。

この局は全身火だるまになって大火傷を負っても一切懲りないのが身上ですから。

以前「さんま大教授」で散々ニセ科学ネタを持て囃していて、それなりに内外から批判もあったんだろうと思うんですが、その「さんま大教授」の胡散臭いネタの方向性を踏襲しつつ、「内容の信憑性は一切保証しません」的な断り書き一つで夜中にその方面のオールスターに放言させているのが「ホンマでっか!?TV」ですからねぇ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%81%A7%E3%81%A3%E3%81%8B!%3FTV

>>この番組に登場する情報・見解はあくまでも一説であり、その真偽を確定するものではありません。『ホンマでっか!?』という姿勢でお楽しみ頂けると幸いです。

素敵な逃げ口上ですねぇ(笑)。この番組、調べてみると単発スペシャル番組時代はもう少しニュースバラエティ的な性格があったみたいなんですが、レギュラー番組化されてからニセ科学紛いの与汰話専門の放言番組にシフトしたみたいですね。

投稿: 黒猫亭 | 2010年9月16日 (木曜日) 午前 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136645/49449753

この記事へのトラックバック一覧です: なんでわかるの?:

« いくつ 峠を 越えた | トップページ | 滑稽な死に様 »