« 緒言 | トップページ | Act.2 なんかこう、刮目したぞオレは。 »

Act.1 悪くはなかった。

東映特撮初の女児向け展開ということで、女児市場の要件は押さえてい
ると思った。女児は男児に比べて保守的な傾向があるようで、内容面で
は、飛び抜けた画期的要素は初めから期待できないのではないか。そう
いう意味で、まさに女児向け戦隊枠の開拓というイベントがこの番組の
キモだろう。

出発点においてスタッフが措定した番組の方向性が、このAct.1 のよう
な「手堅くてコージーで作り物めいた非現実性」や「冒険しないオーソ
ドックスさ」であるのは、想定視聴者層と容れ物の性格を考えれば当然
ではないかと思う。

OPの主題歌でセーラー戦士たちが口パクだけでなくコーラスに参加す
るパートがあったり、大人の目から見たら悪趣味な教室のセットなど、
ファンシーで楽しい要素をベタなストーリーで見せるということでは、
狙いとしてはよく理解できるところ。アニメの戦闘スタイルの新体操ノ
リをそのまま実写化したり、いろいろ手探りしているのがわかる。

仲間内では「セーラー服の戦うヒロイン像ということでは、スケバン刑
事やエコエコアザラクを超えようとする気概がないのでは」という意見
もあったが、この番組には、すでにヒットしたアニメキャラクターを非
月曜ドラマランド的方向性(もしくは非テレビ朝日的方向性)で実写化
する試みの、ある程度以上のヒットを必須要件として課されたデリケー
トさがある。

この番組を、旬のアイドルを使った穴埋め番組的なスタートラインから
クリエーターの暴走が異様な方向性に突出したスケバン刑事や、深夜の
ホラー枠を開拓しテレビにおける連続ホラードラマの定型確立に向けた
熱意の籠もったエコエコなどと比べるのは、ちょっと比較対象に無理が
あるのではないかと思う。

それと、想定視聴者である女児は、最近の再放送ですでにアニメのセラ
ムンに触れているという判断もあったかと思う。アニメのセラムンは原
作マンガとほぼ同時進行で独自の作品世界を展開したのだから、一種の
一次創作といえるが、実写版のほうには、それら過去の作品遺産の存在
を踏まえて両方に目配せをしながらつくる二次創作の性格がある。

「女児層は意外に保守的」というマーケティング的な判断が前提なら、
ここから大きく外れる出発点を用意することは得策ではなかったのでは
ないか。

なにしろ、ここの大家のぷらちゃんの情報によると、アニメ版が放映さ
れていた当時の女児の認識としては、アニメ版の顔と衣装を忠実に模し
た着ぐるみショーのほうが「本物」で、舞台向けにアレンジした衣装を
着て生身の役者が歌い踊るセラミュは「贋物」という位置附けだったそ
うだ。原作およびアニメのDNAを忠実に実写へ移植することは、実写
版スタート時点での至上命題だったのではないだろうか。

小林脚本のテイストということでいえば、無印終盤の悲愴なクライマッ
クスを、番組のカラーとどうすり合わせるかというところで、真価が発
揮されるんではないかな。うさぎとルナの掛け合いのベタさ加減など、
井上俊樹との交流の影響も見られるが、なるちゃんが母親を贋物と見破
る場面の知的な呼吸や、的確な省略でクライマックスに向けてテンポを
上げていく手際などは小林脚本らしい勘所だ。

それから、オレは原作コミックスをまったく読んでないので知らないん
だが、原作ファンの言によると、原作コミックスでは宿命や忠誠といっ
たような要素が主要なテーマになっているそうで、その辺は今後どう扱
われていくんだろうな。

個人的な意見としては、宿命については、人それぞれの考え方があると
しても、今時の子どもに忠誠なんてテーマを語ってどうすんのよ、と思
わないでもないな。

つまり、忠誠をキーワードにセラムン世界を解するならば、うさぎが成
長するのは戦士として女王としての宿命があって、その宿命が逃れられ
ないものだからということになるし、戦士たちがうさぎを助けるのは、
彼女本人の人格がどうであれ、主に自他の関係が主従関係であるから、
ということになりゃあしないだろうか。儒教的徳目は社会的関係性の倫
理だからね。

でもってそれは、裏を返せば宿命や社会的関係性に基づく徳目を遵守す
ることで、心情的には非常に個人主義的な倫理の実践に留まるんじゃな
いかという気がするんだよな。つまり、外面的にそう決まっていること
に「己を滅して遵う」という外面的な行動で応じることによって、内面
的な倫理観が満足される、というような。

これを逆転して、相手が自分にとって心情的にたいせつな人であるから
こそ、宿命や社会的関係性が要求する以上の内面から迸り出る善意を実
践するというのが近代倫理のセオリーじゃないだろうか。少なくとも、
これまでの作品における小林靖子的な情動形成のパターンはそうなって
いるよね。滝沢馬琴的な意味での忠誠心を、少女マンガ的に美化して描
かれても、胡散臭いだけだと思うんだけどなぁ。

まあ、原作コミックスを読んでみれば、その辺の事情についてもう少し
ハッキリするだろうし、原作コミックスに詳しいぷらちゃんに、事前情
報として詳しく聞いておこうかと思う。

|

« 緒言 | トップページ | Act.2 なんかこう、刮目したぞオレは。 »